スノーボードの滑り方:板のしなり | スノボーのスー

スノーボード(板)のしなりについて

スノーボードの滑り方(中級編)、その3。
今回のテーマはスノーボードのしなりについてです。

今まではスノーボードのしなりを考えることなく練習してきましたが、スノーボードのしなりも綺麗なカービングをするために重要な要素です。

この、スノーボードのしなりについてちょっと説明しておきます。

知っておいた方がカービングについて理解しやくなると思います。

ターン弧を調節する

スノーボードが沢山しなるほど、急なターン弧を描きやすくなります。
スノーボードがしなれば、サイドカーブの大きさがスノーボードがもともと持っている大きさより小さくなるため急なターン弧になる、ということは感覚的に分かると思います。

そのため、深いターン弧を描くためにはスノーボードをしっかりしならせる必要があります。
もちろん、浅いターンをしたい場合はしならせる必要はありません。

スピードが上がるほど、斜度が急になるほどターン弧が縦長になりやすいので、スノーボードをしならせることがより重要になります。

スノーボードをしならせるタイミングも重要で、ターンの早い段階でスノーボードをしならせて、急なターンをするための回転力をつけることで楽にターンが出来ます。

反発を利用する

スノーボードがしなると、ターン後半(切り換え前)にスノーボードが反発してきます。

この反発をタイミング良く利用すると、切り換えが楽になる上に、ターン後半に加速感が味わえて気持ちいいです。
しかも、見た目にもかっこいいです。

スノーボードのしならせ方

じつは、スノーボードはしなるように作られているので、カービングしている間はいつでもしなっています。

それ以上しならせるには、「タイミングの良い荷重」「適切な角付け」など、効率の良い動きをすることでしならせることが基本です。

もっとしならせたい場合は、自分からスノーボードに体重をかけて(加重して)しならせることができます。

ただ、現時点ではしならせることを意識する必要はありません。
「効率良く動けばスノーボードはしなる」ということを理解しておけば十分です。

勘違いしやすいこと

いつでも思いっ切りしならせる
どんなときでも、思い切りしなせる必要があると思っている人が結構います。
しかし、ターン弧の形によってしならせる量は変える必要があるので、いつでも思い切りしならせる必要があるわけではありません。

またこのような勘違いをしている人は、ターン中の最初から最後までしならせようと頑張ってることが多いです。
スノーボードのしなりが足りないと思い込み、ターンの後半までしならせようとしてしまうようです。
しかし、ターン後半にしなっている量を増やすことは非常に難しい上に、あんまり意味がありません。


脚力が無いからしならせられない
これもまたよくある勘違いです。
特に、硬いスノーボードを使ったときに「脚力が足りないからしならせられない。」と思っている人がいます。

しかし、足の力でスノーボードをしならせることはあまりありません。

スピード、角付け、雪面の捉え、荷重のタイミングなどがスノーボードがしなる重要な要素です。
(体重やバインディングのセッティングもスノーボードがしなる要素なのですが、ここではおいておきます。)

要は技術力(テクニック)ってことですね。
脚力の問題は二の次なんです。

そもそも、硬いんですから、柔らかいスノーボードよりしならないのは当然です。


おまけ。
「踏めてないからスノーボードがしならない。」とか「スノーボードが硬くて踏めない」とかと言う人と出会うかもしれません。
こういう人は結構います。

ぶっちゃけ。

『意味分かりません』(笑)

まず、踏めてる、踏めてないという状況がどういう状況を表す言葉なのか定義が無いです、たぶん。(地域によってはあるかもしれません。)
まあ、具体的な意味が無く、雰囲気で使ってる人がほとんどのことは確かです。









>スノーボードの滑り方(ロングターン中級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-