スノーボードの滑り方:屈伸斜滑降 | スノボーのスー

屈伸斜滑降

スノーボードの滑り方(中級編)、その10。
今回のテーマは屈伸斜滑降です。

カービング中の姿勢、ポジション、バランス感覚のレベルを上げるために、またまた斜滑降しましょう。

また斜滑降かよ〜。とか言わないでくださいね。(笑)
これができるようになると、ターン後半の安定感が上がりますよ!

【注意】
コースを横切るので、上から滑ってくる人がいないか確認しながら練習してください。

準備

15〜25度位の中斜面で練習してください。
斜度が緩いと練習になりません。

カービング斜滑降(初中級)姿勢(初級)ができるようになっておいてください。

トゥエッジで斜滑降

<トゥエッジで屈伸斜滑降>
(ライダー:鈴木 卓郎

<進行方向とスノーボードの動き>


1)カービング斜滑降する
やり方はカービング斜滑降(初中級)と一緒です。
足首の使い方(中級)で確認した足首を伸ばすやり方でトゥエッジに乗ります。


2)ズレないように気を付けながら屈伸する
カービング斜滑降をしながら、屈伸します。
しっかり膝をまげてください。
腰だけ折れないように注意。
左太ももとお腹を近づけるようにすると、しゃがみやすいです。

しゃがんだときに足首が曲がるのは正しい動きです。
しゃがんだときまで足首を伸ばそうとしないようにして下さい。









3)姿勢を見直す
屈伸するとバランスを崩したり、ズレてしまう、またはバランスを崩しそうになって屈伸するのをためらっちゃう場合は、姿勢が悪いのとエッジに乗る技術(バランス)が甘いのが原因です。
姿勢を見直し、いつでも屈伸できるようになるまで、繰り返し練習しましょう。

ポイント
正確な基本姿勢
姿勢を矯正するための練習なので当たり前なのですが、正しい姿勢が大切です。
停止状態での基本姿勢と滑走中に基本姿勢が崩れていないか再確認しながら練習してください。

目線は真っ直ぐ
しゃがもうとして、足元を見てしまいやすいので注意してください。

ヒールエッジで斜滑降

<ヒールエッジで屈伸斜滑降>
(ライダー:鈴木 卓郎

<進行方向とスノーボードの動き>



1)カービング斜滑降する
やり方はカービング斜滑降(初中級)と一緒です。


2)ズレないように気を付けながら屈伸する
カービング斜滑降をしながら、屈伸します。
しっかり膝をまげてください。
腰だけ折れないように注意。
左太ももとお腹を近づけるようにすると、しゃがみやすいです。









3)姿勢を見直す
屈伸するとバランスを崩したり、ズレてしまう、またはバランスを崩しそうになって屈伸するのをためらっちゃう場合は、姿勢が悪いのとエッジに乗る技術(バランス)が甘いのが原因です。
姿勢を見直し、いつでも屈伸できるようになるまで、繰り返し練習しましょう。

ポイント
正確な基本姿勢
姿勢を矯正するための練習なので当たり前なのですが、正しい姿勢が大切です。
停止状態での基本姿勢と滑走中に基本姿勢が崩れていないか再確認しながら練習してください。

目線は真っ直ぐ
しゃがもうとして、足元を見てしまいやすいので注意してください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(ロングターン中級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-