スノーボードの滑り方:中級の知識 | スノボーのスー

中級の知識

スノーボードの滑り方(中級編)、その1。
ここでは滑り方(ロングターン中級編)の解説文を読むのに必要な用語、中級レベルの知識を説明します。


角付け(かどづけ)
雪面に対してスノーボードを傾けることを「角付けする」と言う。

雪面にソールがくっついているのが、角付けしてない状態。
雪面に対して板の傾きが大きいときが、角付け量が多く、傾きが小さいときが角付け量が少ないという。



荷重(かじゅう)
体重を乗せること。
右足荷重と言ったら、右足に体重を乗せるという意味。


加重(かじゅう)
スノーボードに力を加えること。
加重は積極的に板に力を加えるのに対し、荷重は体重が乗っているだけ、という違い。

かなり混同されて使われていて、使う人によって意味が違うことが多いです。
また、荷重することで、加重になったり、加重しながら荷重場所を変えたりするので、使い分けると結構大変です。
このサイトでは、積極的に加重することがポイントのとき以外は、「荷重」で統一しています。


抜重(ばつじゅう)
スノーボードに乗っている体重を抜くこと。
立ち上がったり膝を抱えたりすることで行うことが出来る。
抜重するとスノーボードに乗っている重さがなくなるため、切り換えやすくなる。


ローテーション
ターン方向に体を回すこと。
逆ローテーションと区別するために順ローテーション(順ローテ)と言うこともある。
ターン切り換え時に、左肩を右にまわして・・・、ってやつがローテーションのこと。
頭、肩、腰、膝、足首など、ローテーションする部位は色々ある。


逆ローテーション
ターン方向とは逆方向に上半身を回すこと。
逆ローテと略すこともある。
効率よく使うことは難しく、特殊な場面でしか使わない。


体軸
体の重心軸のこと。
足から頭まで(全身)の重さを一本の棒として想定したもの。
例えば体の傾きを考えるときに、体を一本の軸として考えることで、どれくらい傾いているか理解しやすくなる。


前足、後ろ足(また、前肩、後ろ肩など)
滑るときに前になっている方と後ろになっている方のこと。
レギュラーのメインスタンスでは、左が前、右が後ろ。
なので、前足は左足、後ろ足は右足。同様に前肩は左肩、後ろ肩は右肩、などなど。


母指球(ぼしきゅう)
足の裏の、親指の根元にある盛り上がってるところ。



クロスオーバー
ターン切り換え時に、重心の位置がターン内側のテール寄りから、次のターン方向のノーズ寄りに移動すること。
スノーボードの向き(進行方向)と、重心の移動方向がクロスする。
あんまり使わないかな。
インストラクター目指してる人は覚えておいて下さい。










>スノーボードの滑り方(ロングターン中級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-