スノーボードの滑り方(ロング中級編) | スノボーのスー

スノーボードの滑り方(ロングターン中級編)

スノーボードの滑り方(ロングターン中級編)です。
中斜面でのカービングロングターンのやり方、練習方法を解説します。

一応、中級としていますが、ここで目標としているレベルの滑り方ができてる人はほんの一握りです。
一般的には上級レベルとみられるレベルになってきます。

INDEX 練習する順番

効率良く上達するために、効果的な順序で紹介します。
リンク先に詳しいやり方を紹介します。


中級の知識
滑り方(ロングターン中級編)を読むために必要な用語、初級レベルの知識の説明をしています。


中斜面でのカービング(ロング)にトライ
とりあえず、中斜面でカービングロングターンをやってみましょう。
緩斜面と違って、そう簡単には出来ませんが、どれくらい難しいかを体感しましょう。


スノーボード(板)のしなりについて
中級のカービングターンの練習に入る前に、スノーボード(板)のしなりとカービングターンの関係を説明します。
知っておくことで、カービングターンの理解が深まります。


足首の使い方(中級)
レベルの高いカービングをするためには、足首の使い方から見直す必要があります。
とくにフロントサイドでの足首の使い方は、いままでと全然違うのでしっかり練習してください。


カービング中の姿勢(荷重する場所)
カービング中は荷重するポイント、姿勢の高さを動かす必要があります。
ここで、バランスの良い姿勢と効率良く姿勢を変えるやり方を確認します。


カービング中の姿勢(体軸の傾き)
カービング中は、遠心力に耐えるために体を倒します。
ここで、バランス良く安定感のある体の倒し方を確認します。


エッジの切り換えでカービング(中級)
実際に、体軸の傾きを使って滑ってみます。
体軸を傾けるとどうなるか、体感して覚えましょう。


膝の使い方
より効率的に、そして簡単にターンするために膝の使い方を練習しましょう。
これができると、ターンの切り換えがかなり楽になります。


ノーズドロップ(中級)
これまで練習したカービング中の姿勢や、膝の使い方を使ってノーズドロップしてみます。
この練習で、カービングターン中の体の動きが身に付きます。


屈伸斜滑降
姿勢やポジションをより正確にするための練習です。
見た目は簡単そうですが、意外と難しいです。


ジャンプ斜滑降
姿勢やポジションをより正確にするための練習ですVer2です。
見た目は簡単そうですが、意外と難しいです。


山回りカービング
カービングターンの完成度を上げるには、まずターン後半のカービングを身につける必要があります。
そのために、ターン後半を重点的に練習してカービングターンの感覚を覚えます。


グラブターン
カービングターン中の上半身の傾きを覚えるための練習です。
自分が思っている以上に上半身を起こす必要があることが体感できます。


屈伸ターン
カービングターン中の姿勢、ポジションをより正確にするための練習です。
自分の弱点を見つけるために、かなり役に立ちます。


ロングターン(中級)
中斜面でカービングロングターンのまとめです。
改めて、詳細に解説します。









>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>スノボーのスー -TOP-