スノーボードの滑り方:切り換えカービング | スノボーのスー

エッジの切り換えでカービング(中級)

スノーボードの滑り方(中級編)、その7。
今回のテーマはエッジ切り換えでのカービング(中級)です。

エッジ切り換えでカービング(初中級)では、エッジに乗ってターンする感覚を身につける練習をしました。

ここではもう少し踏み込んで、体軸を倒す感覚を身につける練習をしましょう。

<エッジ切り換えカービングターン>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

5〜10度ぐらいの斜面が練習しやすいです。
緩斜面を直滑降しても怖がらないくらいに、スピードに慣れておいてください。
エッジ切り換えでカービング(初中級)が余裕をもってできるようになっておいてください。
しっかりと角付けするために、足首の使い方(中級)カービング中の姿勢(体軸の傾き)を家で練習しておいてください。

やり方

<進行方向とスノーボードの動き>



1)基本姿勢で直滑降



2)基本姿勢を保ったまま、ヒールエッジに乗るようにスノーボードを傾ける
エッジがズレないように意識しながら、ヒールエッジに乗ります。
足首の使い方(中級)で練習したようにスノーボードを傾けることを意識してください。



3)勝手にバックサイドにターンしていく
上手くエッジに乗れば、スノーボードが勝手に曲がっていきます。
自分からターンするのではなく、スノーボードが勝手に曲がる感覚を感じてください。





4)少しターンしたら、トゥエッジに乗るようにスノーボードを傾ける
エッジがズレないように意識しながら、トゥエッジに乗ります。
足首の使い方(中級)で練習したようにスノーボードを傾けることを意識してください。
基本姿勢を保ったままにするのは同じです。



5)勝手にフロントサイドにターンしていく
上手くエッジに乗れば、スノーボードが勝手に曲がっていきます。
自分からターンするのではなく、スノーボードが勝手に曲がる感覚を感じてください。





6)スピードが上がってきたら、角付け量を増やし、深いターンをする
スピードが上がってきたら、体をターン内側に倒します。
体をターン内側に倒すと、角付け量が増え、深いターンになります。
フロントサイドでは頭だけ倒れたり、バックサイドではお尻だけ倒れたりしやすいので注意してください。
上半身を倒すのではなく、下半身を倒すようなイメージで倒しましょう。
上半身は下半身の傾きに合わせる感じです。

沢山倒せば急に曲がり、ちょっとしか倒さなければ、ゆっくり曲がります。
どこまで倒すとバランスを崩すのか、どんなタイミングで倒すのか、いろいろやってみて、体の倒し方と角付けの感覚を覚えてください。









7)自分のシュプールを確認して、線になってればオッケーです


ポイント!
フロントサイドの足首の使い方に注意

下半身を傾ける(上半身だけ倒れないように)

自分で曲がろうとしないでスノーボードが勝手に曲がることを感じる

基本姿勢を忘れずに

足下を見ないように


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(ロングターン中級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-