スノーボードの滑り方:カービングロング | スノボーのスー

中斜面でのカービングロングターンにトライ

スノーボードの滑り方(中級編)、その2。

緩斜面でのカービングターンが出来るようになったら、次の目標は中斜面でのカービングターンです。
緩斜面でのカービングターンとは別物ですので、そう簡単には出来ませんが、とりあえずチャレンジしてみましょう。

<中斜面でカービングロングターン(中級)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

15度〜20度ぐらいの斜面で練習します。
緩斜面でのカービングターンが出来るようになっておいてください。

やり方

<進行方向とスノーボードの動き>



1)滑り出す前に、ターンの大きさと、体の動きをイメージする
滑り出す前に斜面を眺めながら、自分が滑るターンの大きさと体の動きをイメージします。


2)少しスピードをつけて、軽くバックサイドターンをして次のターンに入るきっかけを作る
次のターンに入りやすいように右足荷重の低い姿勢になっておきましょう。



3)フロントサイドのノーズドロップ
立ち上がりながら左足に体重をかけていき、切り換え直後に進む方向(次のターン方向)に向けてノーズドロップします。
立ち上がる方向は、切り換えた後に左足がある方向(次のターン方向)です。





4)スノーボードがスルっとターン方向に向いたことを感じてからフロントサイドターンに入る
焦って、スノーボードがターン方向に向く前にターンに入らないようにしましょう。




5)体、足首を傾けて角付けしながら、中間姿勢になっていく
もちろん、エッジがズレないように気をつけてください。




6)ターン後半に向けて、より低い姿勢になっていく
引き続きエッジがズレないように気をつけながら、低い姿勢になっていきます。




7)体、足首を起こして角付け量を減らしていく
次のターンに入るために、角付け量を減らしながら体を起こしていきます。




8)バックサイドターンに切り換えるために、ノーズドロップ
立ち上がりながら左足に体重をかけていき、切り換え直後に進む方向(次のターン方向)に向けてノーズドロップします。
3)と同様に、立ち上がる方向は、切り換え後に左足がある方向(次のターン方向)です。




9)スノーボードがスルっとターン方向に向いたことを感じてからバックサイドターンに入る
焦って、スノーボードがターン方向に向く前にターンに入らないようにしましょう。




10)つま先を上げ、体を傾けて角付けしながら、右足を曲げて中間姿勢になっていく
もちろん、エッジがズレないように気をつけてください。




11)ターン後半に向けて、より低い姿勢になっていく
引き続きエッジがズレないように気をつけながら、低い姿勢になっていきます。




12)下半身、足首を起こして角付け量を減らしていく
次のターンに入るために、角付け量を減らしながら体を起こしていきます。




13)フロントサイドのノーズドロップ
立ち上がりながら左足に体重をかけていき、切り換え直後に進む方向(次のターン方向)に向けてノーズドロップします。
立ち上がる方向は、切り換えた後に左足がある方向(次のターン方向)です。




14)次の練習項目をチェック
中斜面でカービンするために必要なテクニックを覚えていないので、上手く出来ないと思います。
ですので、上手く出来ないことを確認したら、さっさと次の練習に移りましょう。

ポイント!
縦長のターン弧にならないように
上記の<進行方向とスノーボードの動き>のようなターン弧になるように頑張ってください。
縦長のターン弧でのカービングは簡単なので、縦長のターンをいくら練習しても、レベルの高いカービングターンはできるようになりません。



鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【スポンサー】
Fictional

【コメント】
Fictionalを着て、テンション上げて滑りに行きましょう♪


>スノーボードの滑り方(ロングターン中級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-