カービング斜滑降(初中級)

スノーボードの滑り方(初中級編)、その3。
今回のテーマはカービング斜滑降です。

カービングができない一番大きな原因は、カービングの感覚、具体的にはエッジに乗る感覚がわからないことです。
ここでは、エッジに乗る感覚を覚えるために、カービング斜滑降でエッジへの乗り方を練習します。

【注意】
コースを横切るので、上から滑ってくる人がいないか確認しながら練習してください。

トゥエッジで斜滑降

<[動画]トゥエッジで斜滑降>

動画を見るためには「スノボーのスー[SP]」へのログインが必要です。
写真だけでイメージするよりも、格段に上達スピードが早くなるので、動画も合わせてご覧頂くことをオススメします。
ログイン方法はこちらからご確認ください。


(ライダー:鈴木 卓郎

<進行方向とスノーボードの動き>
斜滑降(初級)進行方向fs

準備
10〜15度ぐらいの斜面が練習しやすいです。
斜面に対して右へ滑るので、左側からスタートしてください。
斜滑降(初級)が出来るようになっておいてください。

やり方
1)山側を向いて立つ
スノーボードは斜面に対して真横にしてください。
滑らないように、トゥエッジに体重をかけておきます。


2)基本姿勢になる
トゥエッジに体重をかけたまま、基本姿勢になります。
_0000_IMG_0397.JPG


3)進む方向の目標を決める
目標を決めると練習しやすいですし、狙った通りに進めているか確認できます。
目標の位置が上過ぎたり、下過ぎたりすると練習にならないので注意してください。
<目標>
斜滑降(初級)目標fs


4)ノーズを進む方向へ向ける
ターンする時の要領でスノーボードを操作して、滑る方向にノーズを向けてください。
ちょっとした動作なので、足で無理やり操作してもオッケーです。
_0001_IMG_0398.JPG


5)目標に向かってすべる
目標を見たまま、基本姿勢のまま、ノーズを目標に向けたまま(スノーボードを進行方向に向けたまま)にしてください。
目標に向かって真っ直ぐ進むように&エッジがズレないように、トゥエッジにかけてる体重を調整しながら(足首の使い方を調整しながら)目標に真っ直ぐ滑ります。
ズレるかズレないかは「基本姿勢」「目線」「エッジにかけてる体重の量」で決まります。
「基本姿勢」と「目線」は滑り初めたら固めてしまえば良いので、あとは足首の使い方次第です。
_0002_IMG_0399.JPG
_0003_IMG_0400.JPG
_0004_IMG_0401.JPG
_0005_IMG_0402.JPG


6)目標付近まで滑って停止


7)自分が滑って出来たシュプールを確認
目標まで滑ったら、シュプールを確認してズレてないか(一直線の線になっているか)確認する。


8)出来るようになるまで繰り返し練習
ズレずに真っ直ぐ進む体重のかけ方(足首の使い方)を自分で探しながら練習してください。
ちょうど良い体重の掛け方は感覚の問題なので、できるようになるまで繰り返しチャレンジしましょう。

ポイント!
しっかり目標をみたままにする
滑り始めたら、基本姿勢で体を固めてしまう(足首だけ動かす)
目標の設定を間違えないように

ヒールエッジで斜滑降

<[動画]ヒールエッジで斜滑降>

動画を見るためには「スノボーのスー[SP]」へのログインが必要です。
写真だけでイメージするよりも、格段に上達スピードが早くなるので、動画も合わせてご覧頂くことをオススメします。
ログイン方法はこちらからご確認ください。


(ライダー:鈴木 卓郎

<進行方向とスノーボードの動き>
斜滑降(初級)進行方向bs

準備
トゥエッジの斜滑降と同様に、10〜15度ぐらいの斜面が練習しやすいです。
斜面に対して左へ滑るので、斜面の右側からスタートしてください。
トゥエッジの斜滑降の練習が終わったら斜面の右側に居るので、そのままヒールエッジの斜滑降の練習をすると、繰り返し練習できます。

やり方
1)谷側を向いて立つ
スノーボードは斜面に対して真横にしてください。
滑らないように、ヒールエッジに体重をかけておきます。


2)基本姿勢になる
ヒールエッジに体重をかけたまま、基本姿勢になります。
_0001_IMG_0345.JPG


3)進む方向の目標を決める
トゥエッジの斜滑降の練習と同じように、目標を決めてください。
<目標>
斜滑降(初級)目標bs


4)ノーズを進む方向へ向ける
ターンする時の要領でスノーボードを操作して、滑る方向にノーズを向けてください。
ちょっとした動作なので、足で無理やり操作してもオッケーです。
_0002_IMG_0346.JPG


5)目標に向かってすべる
目標を見たまま、基本姿勢のまま、ノーズを目標に向けたまま(スノーボードを進行方向に向けたまま)にしてください。
目標に向かって真っ直ぐ進むように&エッジがズレないように、ヒールエッジにかけてる体重を調整しながら(足首の使い方を調整しながら)目標に真っ直ぐ滑ります。
ズレるかズレないかは「基本姿勢」「目線」「エッジにかけてる体重の量」で決まります。
「基本姿勢」と「目線」は滑り初めたら固めてしまえば良いので、あとは足首の使い方次第です。
_0003_IMG_0347.JPG
_0004_IMG_0348.JPG
_0004_IMG_0348.JPG


6)目標付近まで滑って停止


7)自分が滑って出来たシュプールを確認
目標まで滑ったら、シュプールを確認してズレてないか(一直線の線になっているか)確認する。


8)出来るようになるまで繰り返し練習
ズレずに真っ直ぐ進む体重のかけ方(足首の使い方)を自分で探しながら練習してください。
ちょうど良い体重の掛け方は感覚の問題なので、できるようになるまで繰り返しチャレンジしましょう。

ポイント!
しっかり目標をみたままにする
滑り始めたら、基本姿勢で体を固めてしまう(足首だけ動かす)
目標の設定を間違えないように


>スノーボードの滑り方(ロングターン初中級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-