スノーボードの滑り方:切り換えカービング | スノボーのスー

エッジの切り換えでカービング(初中級)

スノーボードの滑り方(初中級編)、その4。
今回のテーマはエッジ切り換えでのカービングです。

カービング斜滑降を練習してエッジにのる感覚がわかったら、次にサイドカーブを使って曲がる感覚を身に付けましょう。

<エッジ切り換えカービングターン>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

5〜10度ぐらいの斜面が練習しやすいです。
カービング斜滑降が出来るようになっておいてください。
また、緩斜面を直滑降しても怖がらないくらいに、スピードに慣れておいてください。

やり方

<進行方向とスノーボードの動き>



1)基本姿勢で直滑降



2)基本姿勢を保ったまま、ヒールエッジに体重をかける
カービング斜滑降で練習したように、エッジがズレないように意識しながら、ヒールエッジに体重をかけてください。



3)勝手にバックサイドにターンしていく
上手くエッジに乗れば、スノーボードが勝手に曲がっていきます。
自分からターンするのではなく、スノーボードが勝手に曲がる感覚を感じてください。



4)少しターンしたら、トゥエッジに体重をかける
カービング斜滑降で練習したように、エッジがズレないように意識しながら、トゥエッジに体重をかけます。
基本姿勢を保ったままにするのは同じです。



5)勝手にフロントサイドにターンしていく
上手くエッジに乗れば、スノーボードが勝手に曲がっていきます。
自分からターンするのではなく、スノーボードが勝手に曲がる感覚を感じてください。





6)2)〜5)を繰り返して、エッジに乗ってターンすることに慣れてきたら、一方のエッジに乗る時間を長くしていく
片方のエッジに長く乗っていると、真っ直ぐ向いた基本姿勢のままでは姿勢が辛くなってきます。
そうなってきたら、ノーズが向く方向に合わせて体を回し、ノーズ方向に合わせて常に基本姿勢になるようにしてください。
体をスノーボードより先に回すのではなく、スノーボードの向く方向についていかせるように体を回します。










7)自分のシュプールを確認して、線になってればオッケーです

ポイント!
自分で曲がろうとしないでスノーボードが勝手に曲がることを感じる

スノーボードに体を付いていかせるように、体を回す(スノーボードより先に体を回さない)

基本姿勢を忘れずに

足下を見ないように。足下が気になると思いますが、足下を見るとズレやすくなってしまします。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(ロングターン初中級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-