スノーボードの滑り方:緩斜面カービング | スノボーのスー

緩斜面でカービングロングターン

スノーボードの滑り方(初中級編)、その5。
ここで緩斜面でのカービングロングターンをおさらいします。

エッジに乗って曲がる感覚が分かったら、改めてカービングターンをしましょう。
 ポイント! を重点的にチェックして下さい。それ以外は緩斜面でのカービングにトライとあまり変わらない内容です。)

<緩斜面でカービングターン>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

5〜10度ぐらいの斜面で練習します。
エッジ切り換えでカービング(初中級)と、緩斜面でロングターンが出来るようになっておいてください。

どうしても上手く出来ない場合は、曲がり続けながらの切り換えも試してみて下さい。

やり方

<進行方向とスノーボードの動き>



1)滑り出す前に、ターンの大きさをイメージする
滑り出す前に斜面を眺めながら、自分が滑るターンの大きさをイメージします。
大体、15メートルぐらいの幅をイメージしてください。
<ターンの大きさ>



2)エッジがズレないようにロングターンする
エッジがずれないように気をつけて、両足均等に体重をかけた基本姿勢が崩れないようにゆっくり大きくターンします。
エッジ切り換えでカービング(初中級)で覚えたエッジに乗る感覚をしっかり意識し、スノーボードが勝手にターンしていくのを感じながら滑りましょう。












3)シュプールをチェック
滑った後に、自分が滑ってできたシュプールをチェックします。
シュプールが線になっていたら、カービングになっている証拠です。
シュプールが幅広かったら、カービングになってません。

ポイント!
エッジに乗る感覚を大切に
エッジ切り換えでカービング(初中級)で覚えた、エッジにのる感覚&スノーボードが勝手にターンする感覚をしっかり意識してください。

足でスノーボードを操作しない
足でスノーボードを操作して向きを変えようとすると、ズレちゃいます。

両足均等に体重をかける
今まではスピードがあがってきたら、左足に体重をかけるように練習してきました。
しかし、左足に体重をかけるとターン自体は楽になりますが、ズレやすくなるので、両足均等に体重をかけるように意識しましょう。

目線、上半身をゆっくり回す
目線、上半身をターン方向に回すのが早すぎると、ズレやすいです。
「目線、上半身を回す」のと「スノーボードがターンしていく」のが同調するようにゆっくり回しましょう。
上手く同調すれば、目線、上半身が回るのとスノーボードがターンするのがほぼ同時期に行われるので、基本姿勢はターン中ほとんど崩れません。
逆に言うと、基本姿勢が崩れないようにターンすれば、同調できます。

大きくターンするイメージを持つ
小さくターンしようとすると、上半身の動きが急になったり、足でスノーボードを操作しそうになったりします。

スノーボードを進行方向に向ける
進行方向(ターン弧)よりも内側にノーズが向いているとスノーボードがズレてしまいます。
進行方向にしっかり向けましょう。
上手く行かない場合は、切り換え時にノーズをターン弧の外側に向けようとしながら切り換えると、エッジがかみやすくなります。

例えば、バックサイドターンからフロントサイドターンに切り換えるときには、いつもよりノーズを左に向けながら(もっと左に曲がって行こうとしながら、)トゥエッジに切り換えます。
こうすると、自分が曲がろうとする方向と、スノーボードが曲がろうとする方向が引っ張り合って、ズレづらくなります。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(ロングターン初中級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-