スノーボードの滑り方:緩斜面ロングターン | スノボーのスー

緩斜面でロングターン(ドリフト)

スノーボードの滑り方(初級編)、その4。
今回のテーマは緩斜面でのロングターンです。

滑ることに慣れてきたら、大きくターンすることを覚えましょう。

<緩斜面で大きくターン(ロングターンドリフト)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

5〜10度ぐらいの斜面で練習します。
連続ターン斜滑降(初級)が出来るようになっておいてください。

やり方

<進行方向とスノーボードの動き>


1)滑り出す前に、ターンの大きさをイメージする
滑り出す前に斜面を眺めながら、自分が滑るターン大きさをイメージします。
大体、15メートルぐらいの幅をイメージしてください。
<ターンの大きさ>



2)斜滑降する
今までどおり滑ると、ターンがイメージより小さくなるので、イメージした大きさになるように、少し斜滑降します。
目線、基本姿勢を忘れずに。
<斜滑降を使ったターンの進行方向の図>





3)ターンする
イメージしたターンの大きさになるように、タイミングを見計らって曲がります。
曲がり方は今までの滑り方と同じです。
焦らずゆっくり、基本に忠実にターンしてください。







4)斜滑降
ターンしたら、また斜滑降します。



5)曲がる
3)と同様に、タイミングを見計らって曲がります。







6)繰り返す
斜滑降→ターン→斜滑降→ターンと繰り返します。


7)慣れてきたら、斜滑降する距離を短くしていく
大きくターンすることに慣れてきたら、スピードが乗ってくると思います。
ある程度スピードが乗ってくると、あまり斜滑降しなくても大きなターンを描けるようになるので、徐々に斜滑降する距離を短くしていきましょう。
斜滑降を使わずに大きくターンできるようになったら完璧です。
<ターンの形の違い>


ポイント!
体が遅れてきたら、左足に体重をかける
斜滑降を使わずに大きくターンするためにはある程度のスピードが必要なのですが、スピードが上がってくると体が遅れてきます。
体が遅れてしまう場合は、左足に多めに体重をかけながら滑るように意識してください。
すると、体が遅れなくなる&テール側が軽くなってターンが楽になります。
スピードに慣れてきたら、普通の基本姿勢で滑るように意識しましょう。

目線や基本姿勢など、基礎的なことを忘れずに
滑ることに慣れてくるとどうしても、基礎的なことがおろそかになってきます。
基礎的なことを適当にやっていると上達が遅くなるので、基本に忠実に練習しましょう。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(ロングターン初級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-