スノーボードの滑り方:サイドスリップ(初級) | スノボーのスー

サイドスリップ(初級)

スノーボードの滑り方(初級編)、その6。
今回のテーマはサイドスリップ(初級)です。

サイドスリップを使って、低い姿勢になること、低い姿勢の時のバランスの取り方、しゃがみこんでスノーボードに力を加える感覚を覚える練習をします。

準備

サイドスリップ(基礎)姿勢(初級)の低い姿勢が出来るようになっておいてください。
15〜25度の中斜面で練習します。

やり方

トゥエッジでサイドスリップ
<トゥエッジでサイドスリップ>

(ライダー:鈴木 卓郎

<進行方向とスノーボードの動き>


1)サイドスリップの用意をする
とりあえず、いつものサイドスリップと同じように、山側を向いて立ちます。


2)上半身を谷側に向ける
念のため言っておきますが、右側から見ないようにしてください。
目線は、進む方向を真っ直ぐみます。



3)サイドスリップする
体がねじれて大変ですが、頑張ってスムーズに進むように意識しましょう。




4)低い姿勢になりながら、トゥエッジに体重をかけて減速する
足首を使って、トゥエッジに体重をかけることはいつもと一緒です。
同時に低い姿勢になるようにしゃがんでいきます。
姿勢(初級)で練習した低い姿勢のイメージです。
体がねじれていてツラい体勢になりますが、頑張ってください。

目線が足元を見やすいので注意。
しっかり真っ直ぐ遠くをみておきましょう。




5)止まる
止まった時に、バランスを崩しやすいので注意してください。
しゃがむことで、スノーボードに力が加わります。
ギュッ!っと瞬間的にスノーボードに力を加えれば、急に止まりますし、じわーっと力を加えればじわーっと止まります。
両方のやり方で止まれるようになってください。


ヒールエッジでサイドスリップ
<ヒールエッジでサイドスリップ>
(ライダー:鈴木 卓郎

<進行方向とスノーボードの動き>


1)サイドスリップの用意をする
とりあえず、いつものサイドスリップと同じように、谷側を向いて立ちます。


2)上半身を谷側に向ける



3)サイドスリップする
進む方向を真っ直ぐ見て進みます。
ここまでは、いつものサイドスリップと一緒です。




4)低い姿勢になりながら、ヒールエッジに体重をかけけ減速する
足首を使って、ヒールエッジに体重をかけることはいつもと一緒です。
同時に低い姿勢になるようにしゃがんでいきます。
姿勢(初級)で練習した低い姿勢のイメージです。
目線が足元を見やすいので注意。
しっかり真っ直ぐ遠くをみておきましょう。




5)止まる
止まった時に、バランスを崩しやすいので注意してください。
しゃがむことで、スノーボードに力が加わります。
ギュッ!っと瞬間的にスノーボードに力を加えれば、急に止まりますし、じわーっと力を加えればじわーっと止まります。
両方のやり方で止まれるようになってください。



鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(ロングターン初級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-