スノーボードの滑り方:斜滑降(初級) | スノボーのスー

斜滑降(初級)

スノーボードの滑り方(初級編)、その3。
今回のテーマは斜滑降(初級)です。

斜面に対して斜めに滑ることを斜滑降といいます。
ここのレベルまで来た人にとっては簡単にできると思いますが、次のレベルの滑り方を覚えるために必要なテクニックなので、練習しておきましょう。

トゥエッジの斜滑降とヒールエッジの斜滑降を繰り返し練習して、自分なりにスムーズに斜滑降できるようになってください。
現時点では、なんとなくできてればオッケーです。

【注意】
コースを横切るので、上から滑ってくる人がいないか確認しながら練習してください。

トゥエッジで斜滑降

<トゥエッジで斜滑降>

(ライダー:鈴木 卓郎

<進行方向とスノーボードの動き>


準備
10〜15度ぐらいの斜面が練習しやすいです。
斜面に対して右へ滑るので、左側からスタートしてください。

やり方
1)山側を向いて立つ
スノーボードは斜面に対して真横にしてください。
滑らないように、トゥエッジに体重をかけておきます。


2)基本姿勢になる
トゥエッジに体重をかけたまま、基本姿勢になります。



3)進む方向の目標を決める
目標を決めると練習しやすいですし、狙った通りに進めているか確認できます。
目標の位置が上過ぎたり、下過ぎたりすると練習にならないので注意してください。
<目標>



4)ノーズを進む方向へ向ける
ターンする時の要領でスノーボードを操作して、ノーズを滑る方向に向けてください。
ちょっとした動作なので、足で無理やり操作してもオッケーです。



5)目標に向かってすべる
目標を見たまま、基本姿勢を保ったままにしてください。
目標に向かって真っ直ぐ進むように、ブーツのタンを潰す量を調整しながら滑ります。
ノーズを目標に向けたまま滑るのが理想ですが、谷側に滑り落ちないように耐えながらノーズを目標に向けた状態を保つのは難しいので、現段階では完璧にできなくてオッケーもです。





6)目標付近まで滑って停止


ポイント!
しっかり目標をみたまま
基本姿勢を崩さないように
目標の設定を間違えないように

ヒールエッジで斜滑降

<ヒールエッジで斜滑降>

(ライダー:鈴木 卓郎

進行方向とスノーボードの動き


準備
トゥエッジの斜滑降と同様に、10〜15度ぐらいの斜面が練習しやすいです。
斜面に対して右へ滑るので、斜面の左側からスタートしてください。
トゥエッジの斜滑降の練習が終わったら斜面の右側に居るので、そのままヒールエッジの斜滑降の練習をすると、繰り返し練習できます。

やり方
1)谷側を向いて立つ
スノーボードは斜面に対して真横にしてください。
滑らないように、ヒールエッジに体重をかけておきます。


2)基本姿勢になる
ヒールエッジに体重をかけたまま、基本姿勢になります。



3)進む方向の目標を決める
トゥエッジの斜滑降の練習と同じように、目標を決めてください。
<目標>



4)ノーズを進む方向へ向ける
ターンする時の要領でスノーボードを操作して、ノーズを滑る方向に向けてください。
ちょっとした動作なので、足で無理やり操作してもオッケーです。



5)目標に向かって真っ直ぐ滑る
目標を見たまま、基本姿勢を保ったままにしてください。
目標に向かって真っ直ぐ進むように、つま先を上げる量を調整しながら滑ります。
トゥエッジの斜滑降と同様に、ノーズを目標に向けたまま滑るのが理想ですが、完璧にできなくてもオッケーです。





6)目標付近まで滑って停止



ポイント!
しっかり目標をみたまま
基本姿勢を崩さないように
目標の設定を間違えないように


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードの滑り方(ロングターン初級編) -INDEX-
>>スノーボードの滑り方 -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-