スノーボードでグラトリ:SWノーリーF/S540 | スノボーのスー

スイッチ ノーリー フロントサイド540(ヒール抜け)

スノーボードでのグラトリのやり方(スピン編)。
今回のテーマはスイッチノーリーF/S540(ヒール抜け)です。

スイッチからのノーリーなので、右足で踏み切ります。

<スイッチノーリーF/S540(ヒール抜け)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
スイッチノーリーF/S180
スイッチノーリーF/S360

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
B/S360

やり方

1)スピンのイメージをする
480度ぐらいスピンして、残り60度は身体をひねって合わせるイメージをしましょう。
とは言っても、慣れるまでは回転力を付けることがハードルになると思うので、できるだけ沢山回ようにイメージしても良いと思います。


2)右手・右肩を閉じるようにして左に回し、左手・左肩を後ろに引いて上半身を左に回しながら、軽くトゥエッジに乗る
スイッチノーリーF/Sスピン(ヒール抜け)は右方向に飛びやすいので、進行方向を左に振ります。
上半身を左に回しているのは、スピンするためのタメを作るためです。

タメを作るときに右手・右肩を閉じることに意識が行きやすいですが、左手・左肩を後ろに引くことを忘れるとタメが作りづらくなるので注意してください。

写真では、この時点でタメを作りに行っていますが、3)からタメを作り始めてもOKです。




3)右手・右肩を左に回し、左手・左肩を後ろに引いて、ヒールエッジに乗りながら、ノーリーするためにしゃがんで行く
上半身のタメを増やしながら、ヒールエッジに切り換え、しゃがんで行きます。
エッジに乗りすぎないように注意して下さい。
乗りすぎると飛ぶ前に曲がっていっちゃいます。





4)上半身をスピン方向に一気に先行して行きながら、右足のカカトの外側を中心にスピンするようにしっかりスイッチノーリー
右手・右肩を右方向に開き、左手・左肩を前に押し出し、目線を右脇の下から後ろを見るように先行して行きます。
かなり速い回転スピードが必要なので、ノーリーが終わる頃にはランディングを見ているぐらいのつもりで、上半身を先行させてください。

同時に、ノーリーF/Sスピンをするために右足のカカトの外側を中心にして回転するようにしながらスイッチノーリーします。
回転力を付けることに気を取られると高さが出ずに、結局回りきれなくなります。
なので、しっかり高さを出すように意識して、上に飛ぶように右足で踏み切ってください。

ここで、右膝を右に開き、右カカトの外側を中心にして右つま先を右に回すようにして先行すると、より回転力が付けやすくなります。







5)空中に出たら、すかさず上半身を反時計回り、下半身を時計回りに回して着地に合わせに行く
滞空時間が短いので飛んだらすぐに着地にあわせに行きます。
着地に合わせるには、左手・左肩を後ろに引き、右手・右肩を前に出しながら、左足を前に押し出し、右足を後ろに引いて身体をひねります。

滞空時間が稼げる場所でやる場合は、もうちょっとゆったり合わせに行ってOKです。






6)ちょっと足りないぐらいで、ヒールエッジで着地
かなり回転力がついているので、ぴったり回りきると回転力が抑えきれません。
そのため、ちょっと足りないぐらいで着地して、ヒールエッジで雪面を抑えて回転力を抑えます。





7)回転力が収まってから、まっすぐ滑る
回転力がしっかり収まってから、まっすぐ滑ります。
回転力が収まっていない状態でまっすぐ滑ろうとしても、スノーボードが回って行ってしまいます。




ポイント!
しっかりタメを作ってから先行動作に入る
ノーリースピンはタメを作るのに違和感があるかもしれませんが、しっかりタメを作ってから先行動作をした方が回転力がつきやすいです。


しっかり高さを出す
本文中にも書いていますが、スピンすることに気を取られて、高さを出すことを忘れやすいです。
高さが出なければ回りきることは難しいので、しっかり高さを出すことを意識しましょう。
前ではなく、上に飛ぼうとすると高さが出やすいです。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(スピン編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-