スノーボードでグラトリ:SWノーリーF/S180 | スノボーのスー

スイッチ ノーリー フロントサイド180(ヒール抜け)

スノーボードでのグラトリのやり方(スピン編)。
今回のテーマはヒール抜けのスイッチノーリーF/S180です。

スイッチスタンスからスイッチノーリーを使ってF/Sに180度回って、メインスタンスで着地するグラトリです。
スイッチノーリーなので右足で踏み切ります。

やり方はメインスタンスのノーリーB/S180(ヒール抜け)とまったく一緒です。
しかし、スイッチ独特の注意点があるので、合わせて説明して行きます。

なお、スイッチ独特の注意点はピンクで記述します。

<スイッチノーリーF/S180(ヒール抜け)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

スイッチランの技術力に左右されるのでスイッチランをしっかり練習しておいてください。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
スイッチノーリー

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
スイッチF/S180(ヒール抜け)
スイッチF/S180(トゥ抜け)
スイッチノーリーF/S180(トゥ抜け)

やり方

1)トリックをイメージする
まず、トリック全体の動きをイメージします。
150度ぐらいスピンして、残り30度は体をひねって合わせるイメージをしましょう。
ピッタリ180度回るよりも、身体のひねりを使って着地を合わせた方がメイク率が高くなります。


2)軽くトゥエッジに乗って左方向に進行方向に振る
右方向に飛びやすいので、軽くトゥエッジに乗って進行方向を左に振ります。



3)軽くヒールエッジに乗りながら、先行動作のタメを作るために上半身を左に(反時計回りに)回し、ノーリーするために右足寄りに体重をかけながらしゃがんで行く
軽くヒールエッジに乗ってください。
乗りすぎると曲がり過ぎてしまいますので、注意してください。

左手・左肩を後ろに引き、右手・右肩を閉じるようにして、上半身を左に回し、スピンの先行動作をするためのタメを作ります。

右手・右肩だけを動かしてしまいやすいですが、右手・右肩だけの動作ではタメが作りづらいので、左手・左肩を後ろに引く動きも忘れずに行いましょう。

ただし、ノーリーのF/Sスピンは回転力が付きやすいので、あまり大きくタメを作る必要はありません。

合わせて、少し右足寄りに体重を乗せながらスイッチノーリーするためにしゃがんで行きます。

スイッチスタンスの場合、無意識に上半身がが閉じている(適正な向きよりも左を向いている)ことが多いので、スピンのタメをあまり意識する必要がない場合が多いです。





4)スピンするための先行動作として上半身を右に回しながら、右足のカカト側でノーリーする
右手・右肩を「右上」方向に開きながら、左手・左肩を「前上」方向に引き上げるようにして、上半身を右に回します。

左手・左肩の動作がおろそかになりやすいので気をつけてください。
左手・左肩を使うか使わないかで回転力の付き方に大きな差が出ます。

肩がナナメになると回転軸もナナメになってしまうので、肩の水平を保ったまま回転させるように意識してください。

また、ゆっくり回しても回転力がつかないので、素早く動かしてください。

同時に、自分から進行方向に(前に)飛ぶように意識して、右足のカカトで踏み切ってノーリーします。
右足のカカトの外側を中心にして、左足を前に踏み出すように、弧を描くように回るのがコツです。

このとき、右膝を右に開き、右足のカカトの外側を支点にして右つま先を「右上」に引き上げながら(右膝と右足を左に回しながら)踏み切るとより楽に回転力を付けることが出来るので余裕がある人は合わせて行ってください。





5)スノーボードが反発して来たら、上半身の先行を止める
踏み切った直後には十分な回転力が付いているはずなので、右手・右肩、左手・左肩の先行動作を止めます。



6)スノーボードが180度回って着地するようにタイミングを合わせて、身体をひねる
スピンしながら雪面までの距離(高さ)を確認して、着地するタイミングを計ります。

そして、「左手・左肩を後ろに引きながら右手・右肩を前に押し出して」上半身を左に回し、「右足を曲げるようにして後ろに引きながら左足を伸ばしながら前に出して」下半身を右に回して体をひねり、スノーボードの向きを着地に合わせていきます。

着地がメインスタンスになるので、このあたりからはノーリーF/S180(ヒール抜け)より簡単に動けます。







7)上半身と下半身がねじれた姿勢で着地
回転量の足りない分(狙い通りスピンしていたら30度分)、体をひねってスノーボードの向きを着地に合わせているので、上半身と下半身がひねられた姿勢で着地します。
そのため、メインスタンスの基本姿勢よりも上半身が少し左に開いています。

着地時の衝撃は膝で吸収してください。



8)回転力を抑えながら体のひねりを戻して行く
着地後も回転力が残っているので、もっとスピンしようとする力が働きます。
なので、スノーボードでしっかり雪面を捉えて、それ以上回らないように回転力を抑えてください。

合わせて、体のひねりを戻しながら姿勢を整えていきます。




ポイント!
右足のカカトの外側を中心に回る
自分を中心にして回ろうとすると上手くいきません。
右足のカカトの外側を中心にして回るように踏み切りましょう。


回り過ぎないように
ヒール抜けのノーリーF/Sスピンは、オーリーでのF/Sスピンより簡単に回る分、回りすぎやすいです。
回りすぎないように注意しましょう。


解説
着地はスイッチF/S180(ヒール抜け)とほとんど一緒
着地時の動き方は、スイッチF/S180(ヒール抜け)とほとんど一緒です。
なので、着地の完成度を上げたい人はスイッチF/S180(ヒール抜け)も参考にしてください。
合わせて、スピンの着地を確認してもらうと理解が深まります。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(スピン編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-