スノーボードでグラトリ:ノーリーB/S180(ヒール) | スノボーのスー

ノーリー バックサイド180(ヒール抜け)

スノーボードでのグラトリのやり方(スピン編)。
今回のテーマはヒール抜けのノーリーB/S180です。

ノーリーを使ってB/Sに180度回るトリックです。
ノーリーなので左足で踏み切ります。

<ノーリーB/S180(ヒール抜け)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

身体の動かし方を、スノーボードを付けない状態で練習しておいてください。
初めから滑りながら練習しても、混乱してしまって上手く動けません。

スイッチスタンスで着地するため、多少はスイッチで滑れるようになっておく必要があります。
また、スイッチランの能力が上がるほど、簡単になります(メイク率が上がります)。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
ノーリー

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
B/S180
ノーリーB/S180(トゥ抜け)
スイッチF/S180(ヒール抜け)

やり方

1)トリックをイメージする
まず、トリック全体の動きをイメージします。
150度ぐらいスピンして、残り30度は体をひねって合わせるイメージをしましょう。
ピッタリ180度回るよりも、身体のひねりを使って着地を合わせた方がメイク率が高くなります。


2)軽くトゥエッジに乗って進行方向を右に振る
左方向に飛びやすいので、軽くトゥエッジに乗って進行方向を右に振ります。



3)軽くヒールエッジに乗りながら、先行動作のタメを作るために上半身を左に(反時計回りに)回し、ノーリーするために左足寄りに体重をかけながらしゃがんで行く
軽くヒールエッジに乗ってください。
乗りすぎると曲がり過ぎてしまいますので、注意してください。

左手・左肩を左に開き、右手・右肩を前に押し出すようにして、上半身を左に回して、スピンの先行動作をするためのタメを作ります。

左手・左肩だけを動かしてしまいやすいですが、左手・左肩だけの動作ではタメが作りづらいので、右手・右肩を前に押し出す動きも忘れずに行いましょう。

合わせて、少し左足寄りに体重を乗せながらノーリーするためにしゃがんで行きます。





4)スピンするための先行動作として、上半身と右腰を右に回しながら目線を後ろに回し、左足のカカト側でノーリーする
右手・右肩を「後ろの右上」方向に開きながら、左手・左肩を「後ろ上」方向に引き上げ、右腰を「後ろ」に引くように動かし、目線を「後ろ」に送って、先行動作をします。

左手・左肩の動作がおろそかになりやすいので気をつけてください。
左手・左肩を使うか使わないかで回転力に大きな差が出ます。

同時に、自分から進行方向(背中側)に飛ぶように意識して、左足のカカト側で踏み切ってノーリーします。
左足のカカトの外側を中心にして弧を描くように回るのがコツです。

また、腰から飛ぶようにします。
腰から飛ぶイメージが弱いと下半身が遅れて、逆エッジで転倒してしまうので注意してください。





5)踏み切り終わったら上半身の先行動作を止める
踏み切り終わった時点で、上半身は十分まわっているはずなので、右手・右肩、左手・左肩の先行動作を止めます。



6)スノーボードが180度回って着地するようにタイミングを合わせて、身体をひねる
スピンしながら雪面までの距離(高さ)を確認して、着地するタイミングを計ります。

そして、「左手・左肩を後ろに引きながら右手・右肩を前に押し出して」上半身を左に回し、「右足を伸ばすようにして後ろに引きながら左足を曲げながら前に出して」下半身を右に回して体をひねり、スノーボードの向きを着地に合わせていきます。

(四肢を動かす余裕が無い人は、左手・左肩・左足の動作は考えずに、右手・右肩を前に押し出しながら右足を後ろに引いて体をひねり、スノーボードの向きを着地に合わせてください。)







7)上半身と下半身がねじれた姿勢で着地
回転量の足りない分(狙い通りスピンしていたら30度分)、体をひねってスノーボードの向きを着地に合わせているので、上半身と下半身がひねられた姿勢で着地します。
そのため、上半身が後ろを向いて着地することになります。

着地時の衝撃は膝で吸収してください。



8)回転力を抑えながら体のひねりを戻して行く
着地後も回転力が残っているので、もっとスピンしようとする力が働きます。
なので、スノーボードでしっかり雪面を捉えて、それ以上回らないように回転力を抑えてください。

合わせて、体のひねりを戻しながら姿勢を整えていきます。




ポイント!
左足のカカトの外側を中心に回る
自分を中心にして回ろうとすると上手くいきません。
左足のカカトの外側を中心にして回るように踏み切りましょう。



腰から飛ぶ
腰から飛んでいく意識が非常に重要です。
オーリーのB/S180よりも強く、腰から飛びます。
とにかく、腰から飛ぶようにしてください。



注意!
逆エッジになりやすい
B/Sスピンなのですが、ヒールエッジで踏み切ります。
そのため、逆エッジで転ぶ(逆エッジにならなくても痛い転び方になる)可能性が高いので注意してください。


練習方法
ノーリーB/S180(ヒール抜け)の練習方法に恐怖感が少なく効率的に練習する方法を紹介していますので、そちらも参考にしてください。


解説
着地はB/S180とほとんど一緒
着地時の動き方は、B/S180とほとんど一緒です。
なので、着地の完成度を上げたい人はB/S180レベル2も参考にしてください。
(ただし飛ぶ方向が違うので、その違いは考慮して読んでください。)
合わせて、スピンの着地を確認してもらうと理解が深まります。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(スピン編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-