スノーボードでグラトリ:Cab3 | スノボーのスー

スイッチ フロントサイド360(ヒール抜け)

スノーボードでのグラトリのやり方(スピン編)。
今回のテーマはスイッチでのヒール抜けF/S360です。

キッカーと違い滞空時間が短いので、グラトリで完成度の高いスイッチF/S360をやるのは難易度がかなり高いと思います。

そのため、「スイッチF/S180を覚えた」→「次にスイッチF/S360を覚える」というふうには簡単にはいかないので、心してかかってください。

<スイッチF/S360(ヒール抜け)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

滞空時間が多く必要なので、斜度変化している所など、滞空時間を稼げるポイントで練習すると良いです。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
スイッチF/S180(ヒール抜け)

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
ノーリーB/S180(ヒール抜け)
B/S180

やり方

1)スピンのイメージをする
300度ぐらいスピンして、残り60度は下半身をひねって合わせるイメージをしましょう。
かなりの回転力がつくため、360度ピッタリ回ると着地後に回転力を抑えきれなくなります。
そのため、300度ぐらい回るようにして、足りない分を体のひねりで合わせることで着地後の回転力を抑えやすくします。


2)スピードをつける
滞空時間を稼ぐために、スイッチF/S180(ヒール抜け)よりもスピードが必要です。
(スピードが速い方が遠くまで飛べるので、落差が大きくなり、滞空時間が長くなります。)


3)軽くトゥエッジに乗り、進行方向を少し左方向に向ける
ちょっとトゥエッジに乗って反動を付けます。
飛ぶ方向を調節する意味もあります。
(右方向に飛びやすいので、ちょっと左を向く)



4)ヒールエッジに乗って行きながら踏み切るためにしゃがんでいき、同時に両肩を反時計回りに回す
右肩を閉じ(左に向け)、左肩を後ろに引くようにして、両肩を反時計回りに回して、タメをつくります。




5)ヒールエッジでスイッチオーリーしながら、目線、両肩、右腰、右膝を反時計回りに一気に回していく
右肩を後ろに引き(右に回し)、左肩を前に出すようにして両肩を回します。
右腰は後ろに引くように回します。
目線は右脇の下から後ろを覗くようにして、まわして行きます。
右膝は右上方向に引き上げながら、膝を開くように回すと回転力とスイッチオーリーがかかりやすくなります。





6)踏み切ったら両膝を引き上げる
引き続き、右肩を開きながら右脇の下から後ろを覗いて行きます。



7)240度ぐらいまでは肩と目線を引き続き回していく
このあたりからはB/S180とまったく同じ動きになります。





8)左肩を引き、右手を前に出し、右足を後ろに引いて体をひねり、スノーボードをランディングに合わせて行く
,240度ぐらい回ったら、体のひねりを使ってスノーボードをランディングに合わせていきます。




9)膝で衝撃を吸収にながら着地
体がひねられた状態で着地します。



10)スノーボードでしっかりと雪面をグリップして回転力を抑えながら、体のひねりを戻して行く
かなりの回転力がついた状態で着地するので、体のひねりをすぐ戻そうとすると回っていってしまいます。
着地後に回って行かないようにスノーボードでしっかりグリップして回転力を抑えてから、体のひねりを戻します。





ポイント!
スイッチオーリーの高さ
回ることに集中しすぎるとスイッチオーリーがおろそかになり、高さがでません。
高さが出ないと滞空時間が減り、結局回りきらなくなりますので、しっかり踏み切って高さを出しましょう。


先行動作の速さ
短い滞空時間の中で360度回るために、かなり速い回転スピードでスピンしなくてはいけません。
速く回ろうとすると先行動作に力を入れたくなりますが、力を入れても先行動作の速度が遅いと意味がありません。
なので、力よりも先行動作するスピードを速くすることを意識してください。


効率的な先行動作
効率的に回転力をつけるために、両肩、右腰、右膝を使って先行動作を行います。
スイッチF/S180(ヒール抜け)と違い、肩の先行動作だけでスイッチF/S360をすることは難しいと思います。


目線
目線は右脇の下から後ろを覗き込むように見ていきます。
目線の動きが止まると、スピンも止まっちゃいます。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(スピン編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-