スノーボードでグラトリ:スイッチF/S180 トゥ| スノボーのスー

スイッチ フロントサイド180(トゥ抜け)

スノーボードでのグラトリのやり方(スピン編)。
今回のテーマはスイッチでのトゥ抜けのF/S180です。

(スイッチフロントサイド180は別名HalfCab(ハーフキャブ)と呼ばれています。)

やり方はメインスタンスのF/S180(トゥ抜け)LV2とまったく一緒です。
しかし、スイッチ独特の注意点があるので、合わせて説明して行きます。

なお、スイッチ独特の注意点はピンクで記述します。

<スイッチ F/S180(トゥ抜け)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

スイッチランの技術力に左右されるのでスイッチランをしっかり練習しておいてください。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
スイッチオーリー

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
スイッチF/S180(ヒール抜け)
スイッチノーリーF/S180(トゥ抜け)
スイッチノーリーF/S180(ヒール抜け)

やり方

1)トリックをイメージする
まず、トリック全体の動きをイメージします。
150度ぐらいスピンして、残り30度は体をひねって合わせるイメージをしましょう。
ピッタリ180度回るよりも、身体のひねりを使って着地を合わせた方がメイク率が高くなります。

また、重心の位置が真ん中よりもちょっと右足寄り(ちょっと後ろ)で着地するようにイメージしてください。


2)飛ぶ前(アプローチ)
基本姿勢が崩れやすいので、スイッチスタンスの基本姿勢になることを意識して下さい。

特に、骨盤と右肩が進行方向に対して閉じやすい(胸と骨盤が適正な向きよりも左に向いてしまいやすい)ので、右肩を開くことと骨盤を右つま先が向いている方向と同じ方向に向けることをしっかり意識しましょう。

右肩と骨盤が閉じていると、バランスを崩しやすくなるだけでなく、スイッチオーリー(左足での踏み切り)を失敗する原因にもなります。



3)軽くヒールエッジに乗り、進行方向を少し右方向に向ける
スイッチF/S180(トゥ抜け)は左方向に飛びやすいので、進行方向を少し右に向けます。

右足に体重がかかりやすいので、真ん中に乗るように意識して下さい。
右肩と骨盤が閉じていると、より右足に体重がかかりやすくなるので注意してください。



4)スイッチオーリーするために姿勢を低くしながら、トゥエッジに乗っていき、同時に上半身を左に(反時計回りに)回す
左手・左肩を後ろに引き、右手・右肩を閉じるようにして左に回し、上半身を左に回して、スピンの先行動作をするためのタメを作ります。

右手・右肩だけを動かしてしまいやすいですが、右手・右肩だけの動作ではタメが作りづらいので、左手・左肩を後ろに引く動きも忘れずに行いましょう。

ここでも、右足に体重がかかりやすいので、真ん中に乗るように意識して下さい。





5)スピンするための先行動作として、上半身と右足・右膝を右に回しながら、左足のつま先側でオーリーする
右手・右肩を「右上」方向に開きながら、左手・左肩を「前上」方向に引き上げるようにして、上半身を右に回します。

右手・右肩だけの動きに意識が行きやすいですが、左手・左肩の動きもしっかりやってください。
左手・左肩を使うか使わないかで回転力に大きな差が出ます。

肩は水平を保つようにして回してください。
肩が斜めになると、スピンの軸も斜めになってしまいます。

同時に、右足と右膝を「右上」方向へ引き上げながら、左足のつま先側でオーリーします。
右足と右膝を使って先行動作と引き上げを行うことで、より回転力がつきやすくなり、高さも出しやすくなります。

ただし、踏み切り時のスノーボードのしなり方に対して逆らうように動かすので、右足・右膝を動かす方にはあまりしなってくれません。
そのため、見た目(画像)では右足・右膝の動作はほとんどわかりませんが、ちゃんと効果はあるので、しっかり行ってください。

また、テール(スイッチなので実際にはスノーボードのノーズ)を反発させるために、しっかり左足で踏み切ることを意識してください。

右足で踏み切きろうとしてしまいやすく、左足で踏み切れたときでも右足と右膝の動作がおろそかになりやすいです。
なので、左足で踏み切ることと、右足と右膝の動作をしっかり意識して下さい。




6)踏み切り終わったら両膝を曲げてスノーボードを引き上げながら、身体をねじれを戻して行く
踏み切った直後は上半身と下半身がねじれています。

このねじれを解放して適正な姿勢になるために、左手・左肩を後ろに引きながら右手・右肩を左前方向に出し、上半身を左に回します。
同時に、右足を後ろに引きながら左足を前に出して、下半身を右に回します。




7)一番高いところで、90度ぐらいになる
一番高いところでスノーボードが真横になるぐらいがちょうど良いです。



8)スノーボードが180度回って着地するようにタイミングを合わせて、身体をひねる
左手・左肩を後ろに引きながら、右手・右肩を左前方向に出し、上半身を左に回します。
同時に、右足を曲げるようにして後ろに引きながら左足を伸ばしながら前に出して、下半身を右に回して、スノーボードの向きを着地に合わせます。

動作を分けているのでこの様な説明になっていますが、6)〜8)の身体のひねり方はつながっている動作です。

実際には、6)〜8)にかけて上半身を左に回しながら下半身を右に回して、「踏み切り直後の身体のねじれ」と「着地直前の身体のねじれ」を入れ換えるように動いています。
(「上半身が右向き、下半身が左向き」のねじれ方から「上半身が左向き、下半身が右向き」のねじれ方に入れ換えています。)

着地時の重心は少し後ろ(真ん中よりもちょっと右足寄り)になるようにします。
(この時点から急に重心を後ろにしようとしても出来ないので、初めからちょっと後ろ重心で着地するように狙って飛んでください。)

そして、進行方向に対して骨盤を開いて(メインスタンスの基本姿勢と同じようにして)、左足を伸ばし気味に、右足を曲げた姿勢にしていきます。

このように合わせることで、より安定した姿勢で着地が出来ます。





9)上半身と下半身がねじれた姿勢で着地
上半身と下半身がひねられた姿勢で着地するので、進行方向に対して上半身が左に開いています。
着地時の衝撃は膝で吸収してください。
基本的には、フラットかちょっとトゥエッジ寄りに乗って着地するようにします。



10)スノーボードが回らないように押さえながら、身体のねじれを戻し、メインスタンスの基本姿勢にしていく
着地直後は回転力が残っているので、スノーボードが回って行こうとします。
なので、しっかり雪面を捉えてスノーボードが回って行かないように押さえてください。

回転力を抑えた後はスノーボードをフラットにして行きます。

合わせて、身体のねじれを戻してメインスタンスの基本姿勢になっていきます。




ポイント!
アプローチはスイッチスタンスの基本姿勢
メインスタンスの向きに体が慣れているので、上半身、骨盤、膝などが後ろ(適正な向きより左向き)を向いてしまいやすいです。
これらの部位が後ろを向いてしまうと、スイッチオーリーがやりづらくなるので、スイッチスタンスの基本姿勢をしっかり意識してください。

特に、右肩と骨盤は後ろを向きやすい(進行方向に対して閉じやすい)ので、意識して進行方向に開いてください。


左足の踏み切りと右足と右膝の動作をしっかりやる
左足で踏み切ることに慣れていないので、右足で踏み切ろうとしてしまいやすいです。
また、右足と右膝で先行動作、引き上げを行うことにも慣れていないので、その動作も忘れやすいです。
かなりやり込んでも間違うことがあるくらいなので、左足の踏み切りと右足と右膝の動作をしっかり意識してください。


その他のポイントや解説はF/S180(トゥ抜け)LV1LV2を参考にしてください
スイッチ独特のこと以外は、メインスタンスのF/S180(トゥ抜け)と同じなので、そちらも参考にしてください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(スピン編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-