スノーボードでグラトリ:F/S180トゥ LV2 | スノボーのスー

フロントサイド180(トゥ抜け) レベル2

スノーボードでのグラトリのやり方(スピン編)。
今回のテーマはトゥ抜けのF/S180(フロントサイド180)レベル2です。

レベル2ではレベル1よりも完成度の高いF/S180(トゥ抜け)のやり方を説明します。

動画と画像はレベル1と一緒ですが、より細かく身体の動かし方を解説しています。

<F/S180(トゥ抜け)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

スイッチランの技術力に左右されるのでスイッチランをしっかり練習しておいてください。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
オーリー(上級編)
F/S180(トゥ抜け)LV1

やり方

1)トリックをイメージする
まず、トリック全体の動きをイメージします。
150度ぐらいスピンして、残り30度は体をひねって合わせるイメージをしましょう。
ピッタリ180度回るよりも、身体のひねりを使って着地を合わせた方がメイク率が高くなります。

また、重心の位置が真ん中よりもちょっと左足寄り(ちょっと後ろ)で着地するようにイメージしてください。


2)軽くヒールエッジに乗り、進行方向を少し左方向に向ける
F/S180(トゥ抜け)は右方向に飛びやすいので、進行方向を少し左に向けます。



3)オーリーするために姿勢を低くしながら、トゥエッジに乗っていき、同時に上半身を右に(時計回りに)回す
右手・右肩を後ろに引き、左手・左肩を閉じるようにして右に回し、上半身を右に回して、スピンの先行動作をするためのタメを作ります。

左手・左肩だけを動かしてしまいやすいですが、左手・左肩だけの動作ではタメが作りづらいので、右手・右肩を後ろに引く動きも忘れずに行いましょう。





4)スピンするための先行動作として、上半身と左足・左膝を左に回しながら、右足のつま先側でオーリーする
左手・左肩を「左上」方向に開きながら、右手・右肩を「前上」方向に引き上げるようにして、上半身を左に回します。

左手・左肩だけの動きに意識が行きやすいですが、右手・右肩の動きもしっかりやってください。
右手・右肩を使うか使わないかで回転力に大きな差が出ます。

同時に、左足と左膝を「左上」方向へ引き上げながら、右足のつま先側でオーリーします。
左足と左膝を使って先行動作と引き上げを行うことで、より回転力がつきやすくなり、高さも出しやすくなります。

ただし、踏み切り時のスノーボードのしなり方に対して逆らうように動かすので、左足・左膝を動かす方にはあまりしなってくれません。
そのため、見た目(画像)では左足・左膝の動作はほとんどわかりませんが、ちゃんと効果はあるので、しっかり行ってください。

また、スノーボードのテールを反発させるために、しっかり右足で踏み切ることを意識してください。




5)踏み切り終わったら両膝を曲げてスノーボードを引き上げながら、身体をねじれを戻して行く
踏み切った直後は上半身と下半身がねじれています。

このねじれを解放して適正な姿勢になるために、右手・右肩を後ろに引きながら左手・左肩を右前方向に出し、上半身を右に回します。
同時に、左足を後ろに引きながら右足を前に出して、下半身を左に回します。




6)一番高いところで、90度ぐらいになる
一番高いところでスノーボードが真横になるぐらいがちょうど良いです。



7)スノーボードが180度回って着地するようにタイミングを合わせて、身体をひねる
右手・右肩を後ろに引きながら、左手・左肩を右前方向に出し、上半身を右に回します。
同時に、左足を曲げるようにして後ろに引きながら右足を伸ばしながら前に出して、下半身を左に回して、スノーボードの向きを着地に合わせます。

動かす部位をレベル1よりも増やしてスノーボードの向きを着地に合わせる様に説明していますが、5)〜7)にかけて「踏み切り直後の身体のねじれ」と「着地直前の身体のねじれ」を入れ換えるように動いているのはレベル1と一緒です。

着地時の重心は少し後ろ(真ん中よりもちょっと左足寄り)になるようにします。
(この時点から急に重心を後ろにしようとしても出来ないので、初めからちょっと後ろ重心で着地するように狙って飛んでください。)

そして、進行方向に対して骨盤を開いて(スイッチスタンスの基本姿勢と同じようにして)、右足を伸ばし気味に、左足を曲げた姿勢にしていきます。
骨盤の向きが後ろを向きやすいので、注意してください。

このように合わせることで、より安定した姿勢で着地が出来ます。





8)上半身と下半身がねじれた姿勢で着地
上半身と下半身がひねられた姿勢になるので、進行方向に対して上半身が右に開いた状態で着地します。

なお、スピン量が少なければ大きくねじれた姿勢となり、スピン量が180度ぴったりに近づくにつれて、ねじれが少ない姿勢になります。
1)のイメージ通りであれば、足りない30度分を体のひねりで合わせた姿勢で着地することになります。

着地時の衝撃は膝で吸収してください。
基本的には、フラットかちょっとトゥエッジ寄りに乗って着地するようにします。



9)スノーボードが回らないように押さえながら、身体のねじれを戻し、スイッチスタンスの基本姿勢にしていく
着地後も回転力が残っているので、もっとスピンしようとする力が働きます。
なので、スノーボードでしっかり雪面を捉えて、それ以上回らないように回転力を抑えてください。

回転力を抑えた後はスノーボードをフラットにして行きます。

合わせて、身体のねじれを戻してスイッチスタンスの基本姿勢になっていきます。




ポイント!
左足と左膝を使って先行動作と引き上げを行う
左足と左膝を使うことで、より軽い力で回転力が付けられ、高さも出しやすくなります。


安定度の高い着地姿勢を作る
より安定した着地姿勢になるために、全身(四肢)を正確に動かして着地に合わせます。
また、重心の位置をちょっと後ろ(ちょっと左足寄り)にして着地します。
このように着地することで着地の安定度(完成度)が高くなります。

詳細な理論はスピンの着地に説明しているので、そちらを参照してください。


注意!
着地時に骨盤の向きが後ろを向きやすいので、骨盤の向きが前に開くように意識する
メインスタンスの姿勢に慣れているので、着地時の骨盤の向きが後ろを向いて(閉じて)しまいやすいです。
なので、着地時に進行方向に対して骨盤が開くように(スイッチスタンスの基本姿勢になるように)意識してください。
骨盤の向きが後ろを向いてしまうと、安定した着地姿勢が作れなくなります。


解説
着地時の身体のねじれの意味
7)で身体をひねってスノーボードの向きを着地に合わせていますが、身体をひねるのは着地を合わせるだけが目的でありません。
レベル1でもちょっと触れていますが、着地後に残っている回転力を抑える時間を作る意味もあります。

狙い通りにスピンした場合は、30度足りない状態で身体をひねって着地して、着地後にスイッチスタンスの基本姿勢になるまでの間に(身体のひねりを戻すまでの間に)回転力を抑えます。

180度ピッタリ回ると着地後に回転力を抑える時間がとれないので、回転力を抑えるのが難しく、回り過ぎやすくなります。

より詳しいことはスピンの着地4の「11.着地時の身体のひねりの意味」を参照してください。


8)の着地時の重心位置について
着地時の重心位置(トゥエッジ寄り or フラット or ヒールエッジ寄り)について補足説明をします。

本文の説明では、「どちらのエッジにも乗らないフラットで着地」か「ちょっとトゥエッジに乗って着地」することを基本としています。

着地後の回転力を抑えることだけを考えると、ヒールエッジで着地した方が効果的です。

しかし、F/S180(トゥ抜け)は回転力があまり発生しないので、着地後の回転力を抑えることは難しいことではありません。

そのため、回転力を抑えることよりも着地時の進行方向と地形の状況から受ける影響に対応することを優先した方が、スムーズに着地するために有効な手段になります。

F/S180(トゥ抜け)の場合、通常ちょっと右方向に飛びます。
そのため、着地直後の進行方向は斜面の向きに対してちょっと右向きになります。


このとき、ヒールエッジに乗って着地すると右に曲がろうとする力が働きます。
ちょっと右に向いているのにもっと右に曲がってしまうのは都合が悪いです。


また、斜面の向きに対して抵抗する方向に進もうとしながら着地することになるので、着地時のスノーボードに対する圧力が強くなります。

スノーボードに対する圧力が強い状況で踏ん張りの利かないヒールエッジ着地をするので、不安定な着地となるリスクが高いと言えます。

一方、トゥエッジに乗って着地すると左に曲がろうとする力が働きます。
着地直後は斜面に対して右向きなので、そこから左に曲がろうとすることはあまり問題になりません。


その上、斜面の向きと同じ方向に進もうとうしながら着地することになるので、着地時のスノーボードに対する圧力が弱く、安定した着地をしやすいです。


これらの理由から、着地後の回転力を抑えることよりも着地後の安定性を重視して、「フラットかちょっとトゥエッジに乗った着地」を基本としています。

とはいえ、ヒールエッジで着地したら失敗ということではありません。
着地後にバランスを崩さなければヒールエッジ着地でも問題ありませんし、回転力を抑えることを優先するなら、むしろヒールエッジで着地した方が良いです。

「フラットか、ちょっとトゥエッジに乗った着地を基本」というのは、歪みの無い斜面で一般的なやり方で飛んだ場合の話です。

回転力を抑えることを重視しない場合でも、飛ぶ方向や、着地場所の斜面の向き、着地後に描きたいライン等によってはヒールエッジに乗って着地する方が良いこともあるので、あくまでも基本的な理論として理解しておいてください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(スピン編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-