スノーボードでグラトリ:F/S180トゥ LV1 | スノボーのスー

フロントサイド180(トゥ抜け) レベル1

スノーボードでのグラトリのやり方(スピン編)。
今回のテーマはトゥ抜けのF/S180(フロントサイド180)レベル1です。

スピントリックの基本となるトリックの1つなので、レベルを分けて細かく説明して行きます。

初めから完璧なF/S180をやろうとしても難しいので、レベル1では「とりあえず出来る」レベルを目標としたやり方を説明します。

<F/S180(トゥ抜け)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

身体の動かし方を、スノーボードを付けない状態で練習しておいてください。
初めから滑りながら練習しても、混乱してしまって上手く動けません。

スイッチスタンスで着地するため、多少はスイッチで滑れるようになっておく必要があります。
また、スイッチランの能力が上がるほど、簡単になります(メイク率が上がります)。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
オーリー(初級編)

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
F/S180(ヒール抜け)
ノーリーF/S180(トゥ抜け)
ノーリーF/S180(ヒール抜け)

やり方

1)トリックをイメージする
まず、トリック全体の動きをイメージします。
150度ぐらいスピンして、残り30度は体をひねって合わせるイメージをしましょう。
ピッタリ180度回るよりも、身体のひねりを使って着地を合わせた方がメイク率が高くなります。


2)軽くヒールエッジに乗り、進行方向を少し左方向に向ける
F/S180(トゥ抜け)は右方向に飛びやすいので、進行方向を少し左に向けます。



3)オーリーするために姿勢を低くしながら、トゥエッジに乗っていき、同時に上半身を右に(時計回りに)回す
軽くトゥエッジに乗ってください。
乗りすぎると必要以上に曲がってしまうので注意して下さい。

また、出来るだけズレないように、カービングでエッジに乗ってください。
この時点でズレてしまうと回転力が付きづらくなります。

右手・右肩を後ろに引き、左手・左肩を閉じるようにして右に回して、上半身を右に回して、スピンするための先行動作をするためのタメを作ります。
左手・左肩だけを動かしてしまいやすいですが、左手・左肩だけの動作ではタメが作りづらいので、右手・右肩を後ろに引く動きも忘れずに行いましょう。





4)スピンするための先行動作として上半身を左に回しながら、右足のつま先側でオーリーする
左手・左肩を「左上」方向に開きながら、右手・右肩を「前上」方向に引き上げるようにして、上半身を左に回します。

左手・左肩だけの動きに意識が行きやすいですが、右手・右肩の動きもしっかりやってください。
右手・右肩を使うか使わないかで回転力に大きな差が出ます。

また、ゆっくり回しても回転力がつかないので、素早く動かしてください。

肩は水平を保つようにして回してください。
肩が斜めになると、スピンの軸も斜めになってしまいます。

合わせて、右足のつま先側で踏み切ってオーリーします。

先にノーリーF/S180を練習した人は、左足で踏み切ろうとしてしまいやすいので、右足で踏み切ることをしっかり意識してください。




5)踏み切り終わったら両膝を曲げてスノーボードを引き上げながら、身体をねじれを戻して行く
踏み切った直後は上半身と下半身がねじれています。
このねじれを解放して適正な姿勢になるために、右足を前に出しながら右手・右肩を後ろに引いて上半身を右へ下半身を左へ回します。




6)一番高いところで、90度ぐらいになる
一番高いところでスノーボードが真横になるぐらいがちょうど良いです。



7)スノーボードが180度回って着地するようにタイミングを合わせて、身体をひねる
右足を前に出しながら右手・右肩を後ろに引いて上半身と下半身をひねり、スノーボードの向きを着地に合わせます。
これが、足りない30度分を体のひねりで合わせる動きです。

動作を分けているのでこの様な説明になっていますが、5)〜7)の身体のひねり方はつながっている動作です。

実際には、5)〜7)にかけて右足を前に出しながら右手・右肩を後ろに引いて上半身と下半身をひねり、「踏み切り直後の身体のねじれ」と「着地直前の身体のねじれ」を入れ換えるように動いています。
(「上半身が左向き、下半身が右向き」のねじれ方から「上半身が右向き、下半身が左向き」のねじれ方に入れ換えています。)





8)上半身と下半身がねじれた姿勢で着地
膝で衝撃を吸収して着地します。




ポイント!
スピンする量は150度ぐらい
スピン全部に言えることですが、180ぴったり回って着地すると、バランスよく着地するのが難しい上に、着地直後まで回転力が残り安定感が悪くなります。
そこで、150度回るイメージで飛び、残り30度は下半身で合わせるようにします。

こうすることで、着地の安定感が増します。
また、狙いより多少回り過ぎてしまっても体をひねる量で調節できるのでメイク率も上がります。


体全体に軽く力を入れて、一体感をもつ
体全体の力が抜けていると、上半身の先行動作が下半身に伝わらず、うまく回りません。
ですので、体全体に軽く力をいれて(具体的に言うと、足首、膝、腰の関節を軽く固定し、腹筋・背筋に力を入れて)、各部位がバラバラに動かないように(一体感があるように)、できればスノーボードまで含めて一体感があるようにイメージして下さい。

こうすることで体全体のつながりが強くなり、先行動作の力が伝わりやすくなります。
特に、女の子は筋力がないぶん上半身と下半身がバラバラに動き易いので、より強く一体感をイメージして下さい。


肩を水平に回す
F/Sスピンの場合、肩を回した軸がスピンの軸になります。
そのため、肩を水平に回さないと、ナナメに回っちゃいます。


肩を素早く回す
肩を回した速度と回転スピードは深く関係しています。
そのため、素早く回した方が回転力が付きやすいです。


手から肩までを一つの部位としてまとめて動かす
手と肩の動かし方の説明では「右手・右肩」「左手・左肩」というように記述しています。
このとき、手と肩を別々に動かすのではなく、手から肩までを一つの部位として考え、腕全体をまとめて動かしてください。

例えば「右手・右肩」を動かす時は、右手から右肩までに軽く力を入れ、右腕全体をまとめて動かします。
同様に「左手・左肩」もまとめて動かしてください。

こうすることで、動かそうと考える場所が減って混乱しづらくなる上に、程よく力が入って回転力が付きやすくなります。


上半身と下半身のひねりを入れ換える
トゥ抜けのF/S180の場合、回転しようとする意識はあまり必要ありません。
それよりも、踏み切り直後の身体のねじれと、着地時の身体のねじれを入れ換えるイメージを強く意識して下さい。


練習方法
F/S180(トゥ抜け)の練習方法に恐怖感が少なく効率的に練習する方法を紹介していますので、そちらも参考にしてください。


解説
4)の上半身の動かし方について
回転力を付ける先行動作として、左手・左肩を左に開き、右手・右肩を前に押し出します。

同時に、オーリーするために左手・左肩を引き上げます。
そのため、「左手・左肩を左上方向に開く」ことになります。

しかし、これだけでは、左肩だけ上がってしまって肩がナナメに回ってしまうので、右手・右肩も上に引き上げます。
こうすることで肩の水平を保つことが出来ます。
そのため、「右手・右肩を前上方向に引き上げる」ことになります。

まとめて動くと、「左手・左肩を左上方向に開きながら、右手・右肩を前上方向に引き上げる」動作となります。

右手・右肩を引き上げる意識が無くても「肩を水平に保つ」ように意識すると同じように動くはずですが、自分で動かした方がスムーズですし、回転力もつきやすいです。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(スピン編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-