スノーボードでグラトリ:F/S180ヒール LV3 | スノボーのスー

フロントサイド180(ヒール抜け) レベル3

スノーボードでのグラトリのやり方(スピン編)。
今回のテーマはヒール抜けのF/S180(フロントサイド180)レベル3です。

レベル3ではレベル2よりも無駄の少ないアプローチで、効率よく先行動作を行ってスピンすることを目指します。

このぐらいのレベルの話になると意見の分かれる所もあると思いますが、より上のレベルを目指すためのヒントになると思いますので、紹介します。

<F/S180(ヒール抜け) レベル3>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
オーリー(上級編)
F/S180(ヒール抜け)レベル2

やり方

1)トリックをイメージする
まず、トリック全体の動きをイメージします。
重心の位置が真ん中よりもちょっと左足寄り(ちょっと後ろ)で着地するようにイメージしてください。


2)うっすらとトゥエッジに乗って直滑降する
重心位置を少しだけトゥエッジ側に寄せて、うっすらとトゥエッジに乗った状態で直滑降します。

足の真ん中と母指球の中間に重心を乗せる感じです。
トゥエッジの上に重心を乗せてしまうと曲がってしまうので注意して下さい。
<重心を乗せる場所>


また、スノーボードのソールのトゥエッジ側2/3ぐらいで雪面を捉えるイメージです。
<トゥエッジ側2/3のソールで雪面を捉える>


どちらのエッジにも乗らないようにフラットで直滑降しても良いですが、完全にフラットの状態は雪面形状に影響を受けやすく不安定になりやすいので、少しだけトゥエッジに乗ることをオススメします。

なお、ヒールエッジ側ではなくトゥエッジ側に乗るのは、ヒール抜けのF/S180は左方向に飛びやすいためです。



3)ヒールエッジでうっすらと雪面を捉えながらオーリーするために姿勢を低くしていき、同時に上半身を右に(時計回りに)回してタメを作っていく
重心位置を少しだけヒールエッジ側に寄せて、うっすらとヒールエッジに乗りながらしゃがんでいきます。

足の真ん中とカカトの中間に重心を乗せる感じです。
ヒールエッジの上に重心を乗せてしまうと曲がってしまうので注意して下さい。
<重心を乗せる場所>


また、スノーボードのソールのヒールエッジ側2/3ぐらいで雪面を捉えるイメージです。
<ヒールエッジ側2/3のソールで雪面を捉える>


合わせて、「右手・右肩を後ろに引き、左手・左肩を閉じるようにして右に回して」上半身を右に回して、スピンの先行動作をするためのタメを作ります。

B/Sにターンする力を利用しないでスピンするので、多めにタメを作ってください。





4)スピンのための先行動作しながら、右足のカカト側でオーリーする
ここがレベル2と大きく違う所です。
動かす所が沢山あるので、個別に説明していきます。

(上半身)
左手・左肩を「左上」方向に開きながら、右手・右肩を「前上」方向に引き上げて、上半身を左に回します。
左手・左肩だけの動きに意識が行きやすいですが、右手・右肩の動きもしっかりやってください。

(左足)
左足は進行方向(ノーズ方向)の上に引き上げながら、「つま先を上に向けながらカカトを下に向けるようにして」左足全体を左に(反時計回りに)ひねります。

レベル2までのやり方では左上に引き上げていましたが、進行方向に向けて真っすぐ引き上げてください。

(右足)
カカトを支点にして左に回しながら、つま先を左上に引き上げます。
<右足を左に回す>


同時に、右膝も左に回して右足でも先行動作を行います。
レベル2までは右足での先行動作は使っていませんでしたが、右足の先行動作を使うことでより効率よく回転力を付けることが出来ます。

合わせて、右足の外側の「足の真ん中」と「カカト」の中間に体重を乗せてオーリーします。
言い方を変えると、『右足の外側の「足の真ん中」と「カカト」の中間で踏み切る』ということになります。

ヒール抜けと言っていますが、ヒールエッジで踏み切るのではなく、ヒールエッジ寄りのソールで踏み切るようにしてください。
<踏み切り時に体重を乗せる場所>









5)両膝を曲げてスノーボードを引き上げながら、90度ぐらいまで回っていく
踏み切ったら、いつものF/S180と同じように膝を引き上げながら90度ぐらいまで回っていきます。
レベル2のやり方よりもスノーボードが回り始めるのが遅いですが、ちゃんと回るのでビックリしないようにしてください。

スノーボードが回り始めるのが遅い分、レベル2のやり方よりも滞空時間が少し多く必要なので、回りきらなそうな場合はこの時点から身体をひねってスノーボードを着地に合わせにいきましょう。






6)スノーボードが180度回って着地するようにタイミングを合わせて、身体をひねる
ここから着地まではレベル2と同じです。

「右手・右肩を後ろに引きながら、左手・左肩を右前方向に押し出して」上半身を右に回します。
同時に、「左足を曲げて後ろに引きながら、右足を伸ばして前に出して」下半身を左に回し、スノーボードの向きを着地に合わせます。

そして、進行方向に対して骨盤を開いて、右足を伸ばし気味に、左足を曲げた姿勢にしていきます。





7)上半身と下半身がねじれた姿勢で、膝で衝撃を吸収しながら着地
少し後ろ(真ん中よりもちょっと左足寄り)に重心を乗せて、上半身が右に開いた状態で着地します。
着地時の衝撃は膝で吸収してください。

基本的には、フラットか、ほんのちょっとヒールエッジに乗って着地します。



8)スノーボードが回らないように押さえながら、身体のねじれを戻し、スイッチスタンスの基本姿勢にしていく
スノーボードでしっかり雪面を捉えて、それ以上回らないように回転力を抑えながら、身体のねじれを戻してスイッチスタンスの基本姿勢になっていきます。





解説
タメを作るときにうっすらとヒールエッジに乗る意味
3)の時点で、うっすらとヒールエッジに乗りながら先行動作のためのタメを作っています。
より高レベルのF/Sスピンを目指している人は、「どっちのエッジにも乗らずにフラットの状態でタメを作った方が良いのでは?」という疑問があるかもしれません。

しかし、どちらのエッジにも乗らずにタメを作るのは効率良くありません。

物理的な話になってしまいますが、フラットの状態ではスノーボードと雪面の間の摩擦が少なすぎて、上半身を右に回すと下半身は左に回ろうとします。
ざっくばらんな言い方をすると、スノーボードがツルツル動く状態で上半身を動かすと、下半身がブレてしまうということです。

スノーボードと雪面の間の摩擦抵抗を高めて下半身が動かないようにおかないと、上半身でタメを作ることが出来ないんですね。

そのため、ヒールエッジで雪面を捉えて上半身を動かしてもブレない足場を作った上で、先行動作のタメを作っています。


踏み切りで左足を進行方向に引き上げる
レベル2で紹介したように、踏み切り時に左足を左上に引き上げると楽に回転力を付けられます。
しかし、踏み切り時にスノーボードがズレやすいというデメリットがあります。

そこで、レベル3では踏み切り時に左足を進行方向に引き上げています(4)の動作)。

左足を進行方向に引き上げると回転力は付きづらくなりますが、踏み切りでスノーボードがズレるのを抑え、より完成度の高いF/S180になります。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(スピン編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-