スノーボードでグラトリ:B/S360 | スノボーのスー

バックサイド360

スノーボードでのグラトリのやり方(スピン編)。
今回のテーマはB/S360(バックサイド360)です。

一般的にキッカーでのB/S360は難易度が低いと言われますが、グラトリでのB/S360は結構難しいです。

<B/S360>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

滞空時間が多く必要なので、斜度変化している所など、滞空時間を稼げるポイントで練習すると良いです。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
B/S180レベル2

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
スイッチF/S180(ヒール抜け)又はスイッチF/S180(トゥ抜け)
スイッチノーリーF/S180(トゥ抜け)

やり方

1)スピンのイメージをする
300度ぐらいスピンして、残り60度は身体をひねって合わせるイメージをしましょう。
とは言っても、慣れるまでは回転力を付けることがハードルになると思うので、できるだけ沢山回ようにイメージしても良いと思います。


2)左手・左肩を開き、右手・右肩を前に出して、上半身を左に回しながら、軽くヒールエッジに乗る
B/Sスピンは右方向に飛びやすいので、進行方向を左に振ります。
上半身を左に回しているのは、スピンするためのタメを作るためです。
タメを作るときに左手・左肩を開くことに意識が行きやすいですが、右手・右肩を前に出すことを忘れるとタメが作りづらくなるので注意してください。





3)左手・左肩を開き、右手・右肩を前に出したまま、軽くトゥエッジに乗りながら、オーリーするためにしゃがんで行く
上半身のタメを保ったまま、トゥエッジに切り換え、しゃがんで行きます。
エッジに乗りすぎないように注意して下さい。
乗りすぎると飛ぶ前に曲がっていっちゃいます。
また、頭が下がり過ぎないように、顔を立てておくように意識しましょう。





4)目線と肩を右に回しながら(スピン方向に先行しながら)、オーリーするためにしゃがんで行く
左手・左肩を閉じて右に回し、右手・右肩を後ろに引くように肩をまわします。
目線は右脇の下から後ろを見るようにして回します。
(ただし、右肩も後ろに引かれているので、まだ右脇の下は見えません。)

上半身をタメている状態から、上半身を先行させる(右に回す)動作に切り換えるタイミングは、自分なりにやりやすいタイミングで行ってください。
しゃがみ始めるときに先行し始めても、ほとんどしゃがみきるまでタメててもOKです。

管理人的には、しゃがみ始めはタメをまだ作っておいて、そこから先行しながらしゃがむとやりやすいです。
このとき、スノーボードが回って行かないように注意してください。
スノーボードは進行方向に向けておくように意識しましょう。




5)目線と肩を右に回しながら、左足を進行方向(飛び方向)に伸ばすようにしながら、トゥエッジでオーリーする
左手・左肩を引き上げながら右に回し(右上方向に引き上げ)、右手・右肩を後ろに引くように肩をまわします。
目線は右脇の後ろを見るようにして先行させます。

左足は進行方向に伸ばすようにしてオーリーします。
(上半身は後ろに向いて行くので、左足を自分の後ろに伸ばす感覚です。)
これは、通常のB/S180と同じように踏み切ると飛ぶ前にスノーボードが回ってしまうので、それを防ぐことと、しっかりオーリーをかけるためです。

このとき、下半身も先行動作をするとより回転力がつけられます。
左足は、拇指球を中心にカカトを時計回りにひねって先行します。
左脚全体は進行方向に伸ばしながら、膝から下はひねるんです。
右足は小指の付け根を中心にしてカカトを時計回りに回しながら、膝を右に開くようにして先行します。





6)上半身が後ろを向いた状態で踏み切り終わる
グラトリは滞空時間が短いので、空中にでるまえに出来るだけ上半身を回しておいた方が後で楽です。
なので、上半身が完全に後ろを向くタイミングで、踏み切り終わるようにします。

そのため、3)の時点で、後ろを向いたタイミングでオーリーが終わるようにタイミングを見計らってオーリーし始める必要があります。
この時点でも、左手・左肩を引き上げながら右に回し(右上方向に引き上げ)、右手・右肩を後ろに引くように肩をまわしています。
目線も右脇の後ろを見るようにして先行させます。




6)空中に出たら、すかさず上半身を反時計回り、下半身を時計回りに回して着地に合わせに行く
滞空時間が短いので飛んだらすぐに着地にあわせに行きます。
着地に合わせるには、左手・左肩を後ろに引き、右手・右肩を前に出しながら、左足を前に押し出し、右足を後ろに引いて身体をひねります。
HalfCabと同じ着地なので、HalfCabをマスターしていれば自然と動くと思います。
滞空時間が稼げる場所でやる場合は、もうちょっとゆったり合わせに行ってOKです。





7)ちょっと足りないぐらいで、ヒールエッジで着地
かなり回転力がついているので、ぴったり回りきると回転力が抑えきれません。
そのため、ちょっと足りないぐらいで着地して、ヒールエッジで雪面を抑えて回転力を抑えます。




8)回転力が収まってから、まっすぐ滑る
回転力がしっかり収まってから、まっすぐ滑ります。
回転力が収まっていない状態でまっすぐ滑ろうとしても、スノーボードが回って行ってしまいます。




ポイント!
オーリーするときに左足を進行方向に伸ばす
自分の後ろに伸ばすように動くので、慣れるまで違和感がありますが、こうすることで高さが出しやすく、飛ぶ方向をコントロールしやすく、抜けでスノーボードがズレづらくなります。
回転力がつかないように感じるかもしれませんが、空中に出てからスノーボードが一気に回るので、ちゃんと回れます。


完全に後ろを向いてから踏み切り終わる
グラトリでB/S360を回りきるのはかなり大変なので、地上にいるうちにできるだけ回っておきましょう。
前述のとおり、左足を進行方向に伸ばすように踏み切れば、後ろを向いた状態まで上半身を先行しても、踏み切る前にスノーボードが回りすぎることもありません。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(スピン編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-