スノーボードでグラトリ:引き上げ量(多すぎる場合) | スノボーのスー

上半身の引き上げ量が多すぎる場合

スノーボードでのグラトリのやり方(上半身の引き上げ編)。
ここでは、上半身の引き上げ量が多すぎる場合の影響について説明します。

踏み切り時に、上半身を引き上げる量が多すぎる場合、スノーボードの反発力をほとんど使うことが出来なくなります。

通常、踏み切りミスと言える状態ですので、トリックに利用する場面は特にありません。

また、上半身の引き上げ量は少なくなりがちなので、引き上げ量が多すぎてミスとなることもあまりありません。

なので、わざとやらないとこのような状況にはならないのですが、上半身を引き上げる感覚を養う練習になるので、一度体感しておくと良いと思います。
(後半の「解説」で詳しく説明します。)

<上半身の引き上げ量が多すぎる場合>

(ライダー:鈴木 卓郎

やり方

1)アプローチ
ヒール抜けのF/S180をやるために、アプローチをしながらタメを作っています。






2)先行動作とオーリー
先行動作をしながら、右足で踏み切り(オーリー)をしていきます。
このとき上半身を、かなりの量引き上げていきます。
また、上半身を引き上げるタイミングはかなり早めです。

引き上げるタイミングが遅いと、腰と雪面の間に十分なスペースができるよりも早く右脚が伸びてしまいます。

そうなると、「引き上げ量が足りないのと同じ状態」や、「引き上げ量が中くらいなのと同じ状態」、「引き上げ量が多いのと同じ状態」になるので注意してください。




3)踏み切り終わり
上半身がかなり引き上がっているので、腰から雪面までの距離が長いです。

そのため、右脚を伸ばしきって踏み切ることが出来ます。

しかし、上半身の引き上げ量が多すぎるため、スノーボードへかかる圧はほとんどありません。

右足で雪面を蹴ることが出来ず、「スカッ」と空振りしたような感覚があります。




4)テイクオフ
スノーボードの反発力がほとんど無いので、スノーボードがほとんど浮きません。





5)着地





解説

冒頭にも記述していますが、基本的には踏み切りミスと言えるの状態です。

そのため、この引き上げ方を練習する必要はありません。

しかし、自分が思っているよりも上半身の引き上げが出来ていない(思っている以上に少ない)可能性があります。

実際に、多くの人は上半身の引き上げ量が足りていません。

なので、自分がどれだけ上半身の引き上げが出来ているのか試す意味でも、一度スノーボードの反発が使えなくなるほど上半身を引き上げて踏み切ることを試してみることをオススメします。

自分が想像していた以上にたくさん引き上げないとスノーボードの反発が使えなくならない人は、普段の踏み切りでも上半身の引き上げ量が足りない可能性があります。

その場合は、スノーボードの反発を利用できないほど引き上げる量を把握してから、少しずつ引き上げ量を減らしていき、気持ちよく踏み切れる引き上げ量を見つけてください。
引き上げ量が中ぐらいの場合の「解説」で詳しく説明しているのでそちらも参考にしてください。)

また、上半身の引き上げ動作が身に付いている人でも、シーズン始めは自分が思っているよりも上半身の引き上げが出来ていないことが多いです。

そのため、シーズン始めに、スノーボードの反発が使えなくなるほど上半身を引き上げて踏み切る動作を何度かやると、上半身を引き上げる感覚を短時間で取り戻しやすくなると思います。

なお、ここで紹介している踏み切り方を試すとき、苦手なスピンで試すと回りきらずに転倒する恐れがあるので、オーリーなど高さが出なくても問題ないトリックか、ミスしても転ばない自信のあるトリックで試してください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(上半身の引き上げ編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-