スノーボードでグラトリ:引き上げ量(多い場合) | スノボーのスー

上半身の引き上げ量が多い場合

スノーボードでのグラトリのやり方(上半身の引き上げ編)。
ここでは、上半身の引き上げ量が多い場合の影響について説明します。

踏み切り時に、上半身を引き上げる量が多い場合、スノーボードの反発力を抑えながら、ある程度の高さを出すことが出来ます。

スノーボードの反発が弱い分、反発力でスノーボードが浮く量が少ないので、雪面をタップするトリックや、テール(またはノーズ)を雪面につけたままスピンするトリックなどに使うと効果的です。

<上半身の引き上げ量が多い場合>

(ライダー:鈴木 卓郎

やり方

1)アプローチ
ヒール抜けのF/S180をやるために、アプローチをしながらタメを作っています。






2)先行動作とオーリー
先行動作をしながら、右足で踏み切り(オーリー)をしていきます。
このとき上半身を、かなりの量引き上げていきます。
また、上半身を引き上げるタイミングは早めです。

引き上げるタイミングが遅いと、右足を伸ばしきるスペースができるよりも早く右脚が伸びてしまいます。
そうなると、引き上げ量が足りないのと同じ状態や、引き上げ量が中くらいなのと同じ状態になるので注意してください。




3)踏み切り終わり
上半身がかなり引き上がっているので、腰から雪面までの距離が長いです。

そのため、右脚を伸ばしきって踏み切ることが出来ます。

しかし、上半身の引き上げ量が多いため、スノーボードへかかる圧はあまり強くありません。

また、ここまで引き上げると、踏み切り時の雪面との抵抗がかなり少なく、スノーボードの動きが非常に軽く感じます。

スノーボードが強く反発してしまったり、スノーボードの動きが重く感じる場合は上半身の引き上げ量が少ない可能性があります。




4)テイクオフ
スノーボードの反発力が弱いので、テールがあまり浮いてきません。
そのため、テールタップやテールを雪面につけたままのトリックが楽に行えます。

スノーボードの反発は弱いですが、踏み切り時の重心位置が高く上半身の引き上げる動作が強いので、それなりの高さが出ます。





5)着地





解説

これぐらいの引き上げ量になると、相当意識して上半身を引き上げる必要があります。

また、これだけ上半身を引き上げると、踏み切り時に雪面との摩擦が少なく、スノーボードが非常に軽く動きます。

キッカーを飛ぶときに抜けでリップに引っ掛かるイメージがある人は、この効果を利用して、抜けのイメージを改善できる場合があります。

リップに引っ掛かるイメージが強いのは、上半身の引き上げ量が少なすぎることが原因の場合があります。
その場合、上半身の引き上げ量を意識的に多めにすると、抜けで引っ掛かるイメージが激減します。

予測しているイメージとは大きく違う動きになる可能性があるので、初めから大きなキッカーで試すと危険性が高いです。

なので、まずは小さめのキッカーで試してみて、スノーボードの動きやイメージの違いを体感してみてください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(上半身の引き上げ編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-