スノーボードでグラトリ:引き上げ量(中ぐらいの場合) | スノボーのスー

上半身の引き上げ量が中ぐらいの場合

スノーボードでのグラトリのやり方(上半身の引き上げ編)。
ここでは、上半身の引き上げ量が中ぐらい場合の影響について説明します。

踏み切り時に上半身を引き上げる量が中ぐらいの場合、最も高く飛ぶことが出来ます。

一番高さが出るので、ほとんどのトリックで使う引き上げ量です。

また、基本となる引き上げ量なので、グラトリを練習中の多くの方は、まずこの引き上げ方を身に付ける必要があります。

<上半身の引き上げ量が中ぐらいの場合>

(ライダー:鈴木 卓郎

やり方

1)アプローチ
ヒール抜けのF/S180をやるために、アプローチをしながらタメを作っています。






2)先行動作とオーリー
先行動作をしながら、右足で踏み切り(オーリー)をしていきます。
このとき上半身を、タイミング良く十分な量引き上げていきます。

引き上げるタイミングもかなり重要で、

『タイミングが遅いと、右足を伸ばしきるスペースができるよりも早く右足が伸びてしまうので引き上げ量が足りないのと同じ状態に』

『タイミングが早すぎると、右足を伸ばしている間に上半身が引き上がり切ってしまう(右足を伸ばし終わった時にはスノーボードに強い圧がかけられなくなるほど腰の位置が高くなってしまう)ので、引き上げ量が多いのと同じ状態に』

なります。

通常は引き上げ量が少なくなりがちなので、そちらの方を特に注意しておくと良いです。
色々タイミングを試してみて、丁度良いタイミングを体で覚えてください。




3)踏み切り終わり
上半身が十分引き上がっているので、腰から雪面までの距離が長いです。
そのため、右脚をしっかり伸ばしきってスノーボードに圧をかけることが出来ます。

また、右脚を伸ばしきるスペースができるので、踏み切り時の雪面との抵抗が少なく、スノーボードの動きが軽く感じます。

ここで、スノーボードの動きが重く感じる場合は上半身の引き上げ量が少ない可能性があります。




4)テイクオフ
スノーボードが反発して、浮き上がります。
踏み切り時の重心位置が高く、しっかり踏み切れています。

上半身を強く引き上げようとする動作も高さを出す要因なので、これも相乗効果となって4種類のパターンの中で一番高さがでます。





5)着地





解説

引き上げ量が中ぐらいの場合、4種類のパターンの中で一番高さがでます。

では、この「中ぐらい」の引き上げ量とはどの程度なのか、具体的に説明していきます。

引き上げ量が少ない
上半身の引き上げ量が少ない場合、右脚を伸ばしきることは出来ませんが、スノーボードに強い圧をかけられます(=沢山しならせられます)。

<引き上げ量が少ない場合>


●上半身の引き上げが少ないため、腰から雪面までが近い。そのため、右脚を伸ばしきれない。

●腰から雪面までが近いため、スノーボードに強く加圧出来る。


引き上げ量が中ぐらい
前述の引き上げ量を基準として、上半身を引き上げる量を増やしていくと、右脚を伸ばしきれ、なおかつスノーボードに強い圧をかけられる(=雪面をしっかり蹴れる)バランスがあります。
この時の引き上げ量がここで言っている「中ぐらい」の引き上げ量です。

<引き上げ量が中ぐらいの場合>


●上半身の引き上げがしっかり行われているため、腰から雪面までの間に、右脚を伸ばしきるだけのスペースがある。

●腰から雪面までの距離が適度のため、スノーボードにしっかりと加圧することが出来る。


引き上げ量が多すぎ
この「中くらい」の引き上げ量を大きく超えて、上半身の引き上げ量が多すぎる場合、右脚を伸ばしきることは出来ますが、スノーボードに強い圧をかけられなくなります(=あまりしならせることが出来なくなります)。

右脚でスノーボードに圧を掛けられなくなるほど、腰の位置が高くなっている状態です。
本人の感覚としては、雪面が遠く感じ、右脚を伸ばしきっても届かない感覚(空振りしたような感覚)になります。

<引き上げ量が多すぎる場合>


●上半身の引き上げは十分なため、腰から雪面までの間に、右脚を伸ばしきるだけのスペースはある。

●腰から雪面までの距離が遠過ぎるため、右脚を伸ばしきってもスノーボードにしっかりと加圧することが出来ない。


中ぐらいの引き上げ量の見つけ方
上半身の引き上げ量が足りなくなることは良くありますが、引き上げ量が多くなり過ぎることはほとんどありません。

そのため、この「中ぐらい」の引き上げ量を理解するには、徐々に上半身の引き上げ量を増やすよりも、一度必要以上に上半身を引き上げてみて、右脚でしっかり踏み切れない感覚(スノーボードに圧をかけられない感覚)を理解してから、狙い通りの圧を掛けられる所まで徐々に減らしていく方が早いと思います。


なお、「中ぐらい」と表現してますが、本人としては、結構意識的に引き上げています。

ほとんどの方にとっては「上半身の引き上げをかなり意識」しないと、これだけの引き上げ量は作れないはずです。

特に、練習しはじめのトリックや、自信の無いスピントリックは上半身の引き上げ量が少なくなりがちなので注意してください。

上半身の引き上げ量・引き上げるタイミングが適切な場合は、非常に軽く飛べ、スノーボードの動きもスムーズに感じます。

高さが出なかったり、スノーボードの動きが重く感じたら、上半身の引き上げ量が足りないんじゃないかと疑ってみてください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(上半身の引き上げ編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-