スノーボードでグラトリ:リワインド(田中陽)| スノボーのスー

リワインド

スノーボードでグランドトリック(ゲスト編)。
今回のテーマはリワインドです。

<リワインド>

(ライダー:田中陽)

やり方

1)アプローチ



2)しっかり高さを出すことを意識してノーリー
ノーリーが低いと身体を捻ってテールタップをする時間が作れません。
また、しっかりとしたスタイルを作るためにも高さが必要になります。

普通のノーリーでもOKですが、少しだけB/S側にスピンすると身体の捻れを大きく見せられます。






3)身体を捻る
ノーリーしながら、上半身を左に開きながら、右足を進行方向に押し出し、左足を胸元に引き寄せて身体を捻っていきます。
ただし、身体をひねり始めるのはノーリーの終わり際からです。

下半身の動きに気が取られ易いですが、上半身を開いておかないとB/S側に回ってしまうので注意してください。






4)しっかり身体を捻った状態でテールタップ
ここの姿勢が一番重要なところです。



5)身体のひねりを戻しながらドライブさせてリバース
テールタップしたら、すかさず上半身を右回り(時計回り)、下半身を左回り(反時計回り)に回し、身体のひねりを戻していきます。
ドライブで(スライドさせて)スノーボードを返していくところが、こちらのリワインドとの一番の違いです。





6)引き続き、身体を捻ってスノーボードの向きを合わせる
5)に続けて、上半身を右回り(時計回り)、下半身を左回り(反時計回り)に回し、身体のひねりを戻していきます。

写真のように上半身と下半身が4)の姿勢と逆に捻られた状態になっているのは、ノーリーするの時点で少しB/S側にスピンするように踏み切っているためです。

また、B/S側にスピンしている量が多いほど、スノーボードの向きを進行方向に向けるための身体のひねりが多く必要になります。






田中 陽 TANAKA YOH



【スポンサー】
BILLABONG、DAKINE、ATOMIC SNOWBOARDS、他多数









>スノーボードでグラトリ(ゲスト編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-