スノーボードでグラトリ:F3(ヒール) to F3(トゥ)| スノボーのスー

F/S360(ヒール) to F/S360(トゥ)

スノーボードでグランドトリック(ゲスト編)。
今回のテーマはF3(ヒール) to F3(トゥ)です。

ヒール抜けのF/S360とトゥ抜けのF/S360を別々にできるようになってから、チャレンジすることをオススメします。

<F3(ヒール) to F3(トゥ)>

(ライダー:吉田安亨"キャシャーン")

やり方

1)アプローチ
ヒール抜けのF/S360は、踏み切り前にスノーボードがズレ易いですが、後ろ足に多めに体重をかけることでズレづらくなります。




2)ヒール抜けでF/S360スピン
トゥエッジで着地することを狙ってヒール抜けでF/S360をします。








3)トゥエッジで着地




4)トゥ抜けでF/S360スピン
最初のF/S360の回転力が残っていてスノーボードが回って行きそうになりますが、回らないように(ズレないように)踏ん張りながら、上半身で先行動作をして踏みきります。










5)着地




吉田安亨 "キャシャーン" YOSHIDA YASUAKI "CASSHERN"



【スポンサー】
BILLABONG、VONZIPPER、NOVEMBER Snowboards、他多数









>スノーボードでグラトリ(ゲスト編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-