スノーボードでグラトリ:ノーリーF/S180(ヒール)の練習方法 | スノボーのスー

ノーリーF/S180(ヒール抜け)の練習方法

スノーボードでのグラトリのやり方(180の練習方法編)。
ここでは、ノーリーF/S180(ヒール抜け)の練習方法を説明します。

2種類あるので両方で練習してもいいですし、練習しやすい方を選んでもいいです。

<ノーリーF/S180(ヒール抜け)の練習>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

5度前後の緩斜面で練習します。
リラックスして滑れて、スイッチになっても滑り続けられる斜面を選んでください。

斜度が緩い方が恐怖感は少ないかもしれませんが、斜度が緩いほど転ぶと痛いので、斜度がほとんど無いような場所(1度とか2度とか)で練習する場合はちょっと注意してください。

やり方(その1)

1)上から滑ってくる人がいないか確認してからスタート
斜面を横切るように滑るので、上から他の人が滑って来ないことを確認してからスタートしてください。


2)B/Sターンします
スピードはゆっくりでオッケーです。





3)進行方向がフォールラインに直角になるまで曲がったところで、ノーリーF/S180(ヒール抜け)します
もし、90度しか回らなくても逆エッジになりづらいです。







4)着地
多少足りなくても、テールがフォールライン方向に向いているので、そのままスイッチで滑りましょう。





5)慣れてきたら、徐々に、フォールラインに向かって飛ぶようにしていきます



やり方(その2)

1)B/Sターンの要領で、左足を軸にしてスノーボードをズラしていきます
スピードはゆっくりでオッケーです。






2)自信をもって踏みきれる所までスノーボードが回ったら、ノーリーF/S180(ヒール抜け)します
ズラした分、回る必要がないので、楽です。








3)慣れてきたら、徐々に、ズラす量を減らしていきます


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(スピン編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-