スノーボードでグラトリ:スクラッチ360(トゥサイド)| スノボーのスー

スクラッチ360(トゥサイド)

スノーボードでのグラトリのやり方(ドライブ編)。
今回のテーマはスクラッチの360(トゥサイド)です。

スクラッチ180が出来るようになったら、チャレンジしてみましょう。

<スクラッチ360(トゥサイド)>

(ライダー:細田 高志)

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のテクニックをマスターしておく必要があります。
スクラッチ180(トゥサイド)
スライドB/S360


やり方

1)アプローチ
足下を見てしまうとバランスを崩しやすいので、注意。
進行方向に目線を向けておきましょう。



2)軽くトゥエッジに乗る
写真では、スクラッチ後の回転力を強めるために、上半身を左に開いてタメを作っています。





3)テールのトゥエッジ側を雪面に刺すように右足で蹴り込む
瞬間的に、「コンッ!」と蹴り込みましょう。

2)のトゥエッッジに乗っている時間を長めにすると、少し右に曲がってトゥエッジ側の雪面が高くなるので蹴り込み易くなります。
上手くコツがつかめない時は試してみてください。




4)トゥエッジが雪面に刺さった反動で右回転(時計回り)の回転力が生まれる



5)回転力が生まれたタイミングに合わせて上半身を回転方向に回して行く
この回転力が生まれるタイミングに合わせて上半身を右回り(時計回り)に回します。

また、上半身を回した時(上半身を後ろに開いた時)に、肩のラインを雪面(斜面)に対して平行にすると安定して回りやすくなります。

写真では2)で、左に捻っていた上半身を、右回りに素早く回して、回転スピードを早めています。
写真では2)で、左に捻っていた上半身を(先行動作のためにタメをつくって)、右回りに素早く回して(速いスピンをするために先行動作して)、回転スピードを早めています。

この「タメ」と「すばやい先行動作」はゆっくり回るだけなら不要な動作ですが、360度素早く回しきるには必須のテクニックです。





6)360度回りきりまでスライドさせて行く
エッジが雪面に引っかからないように注意して下さい。

写真ではノーズ側を中心にスピンしていますが、両足均等に体重をかけてスライドさせていく方が難易度は低いです。

また、ノーズ側を中心にスピンした方が、雪面抵抗が少ないため、素早いスピンに向いています。







7)回りすぎないようにスノーボードを抑える
ヒールエッジで雪面を捉えると、回転力を抑え、踏ん張ることができます。





細田 高志 TAKASHI "kurukuru" HOSODA

各ページ下部

【スポンサー】
MIEUX、スノボーのスー








>スノーボードでグラトリ(ドライブ編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-