スノーボードでグラトリ:停止オーリー上級| スノボーのスー

停止オーリー(上級編)

スノーボードでのグラトリのやり方(基本編)。
今回のテーマは上級レベルのオーリーその1です。

より高くオーリーしたい人向けの内容になっています。
滑りながら練習する前に、停止した状態でやり方を説明します。

なお、オーリー(初級編)を完全にマスターしてから、こちらのやり方にチャレンジして下さい。
初めからオーリー(上級編)のやり方を練習しても、上達が遅くなりますよ。

<停止オーリー(上級編)>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
オーリー(初級編)
完全にマスターした上で、オーリー(初級編)のやり方である程度の高さも出せるようになっておいてください。

やり方

1)基本姿勢になる



2)両膝をしっかり曲げて、姿勢を低くする
真下にしゃがみます。
なので、重心の位置は真ん中です。




3)左手と左肩をノーズ方向の上方に引き上げる




4)3)をしながら、左足と左膝を引き上げながら、右足の側面(小指側)で踏み切ってオーリー
左膝と左足首に力を入れて引き上げます。
力を入れないでただ引き上げるだけだとスノーボードの固さに負けてしまいます。
右足は、足を伸ばすスピードを加速させていきながら伸ばしていきます。
最後の一瞬は、右膝が伸ばしきるように、「クンッ!」っと一瞬で踏み切るのはオーリー(初級編)と一緒です。





5)空中に浮いたら、両膝を引き上げる
両膝を胸に引き付けるようにして引き上げます。




6)着地に合わせて、両足を伸ばす




7)両膝で着地の衝撃を吸収して着地




解説
4)で右足を伸ばすスピードを加速させていくことについて、わかりづらいかもしれないので少し細かく説明します。
オーリーする前に膝をかなり曲げているので、一瞬で伸ばしきることはできません。
なので、伸ばすのに時間がかかるのですが、最後の一瞬(右膝が伸びきる瞬間)のスピードはできるだけ早くしたいのです。
そのため、右足を伸ばし始めてから右膝が伸びきるまで、伸ばす速度を速めていきながら最後の一瞬に一気に「クンッ!」っと伸ばしきるのです。


ポイント!
右足の側面(小指側)で踏み切る
右足の側面で踏み切ると普通に踏み切るより軽くスノーボードをしならすことができ、高く飛ぶことが出来ます。
また、よりテール側で踏み切れるのでキッカーでの高さも増します。


左足首、左膝にしっかり力を入れて引き上げる

右足は加速していきながら伸ばす

最後に右膝を伸ばしきることを忘れずに
どんなに頑張っても、右膝が伸びきらなかったら高さ半減です。


もっと詳しく

もうちょっと詳しく知りたいって人は、以下の解説を読んでください。

右足の側面で踏み切る
上でも説明していますが、右足の外側で踏みきると軽い力でオーリーできます。
上手くできれば普通に踏み切るより軽くスノーボードをしならすことができ、高く飛ぶことが出来ます。
また、よりテール側で踏み切れるのでキッカーでの高さも増します。

この例では側面で踏み切っているので、4)の写真で重心のあるグローブの位置に右足の側面がきてます。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(基本・プレス編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-