スノーボードでグラトリ:停止ノーリー | スノボーのスー

停止ノーリー

スノーボードでのグラトリのやり方(基本編)。
今回のテーマは止まった状態でのノーリーです。

滑っている時に前になっている足で踏み切ってジャンプすることをノーリーと言います。
レギュラーのメインスタンスでは、左足で踏みきります。

ノーズで踏み切るオーリーだからノーリーと言うらしいです。

<停止ノーリー>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

斜度のない場所で止まって練習します。

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
スイッチオーリー

やり方

1)基本姿勢になる



2)しゃがむ
真下にしゃがみます。



3)肩の水平を保ったまま、右肩と右足を引き上げながら、前上方向(ノーズ方向)に飛ぶように左足で踏み切る
右肩を引き上げるのですが、肩が水平のままになるように意識してください。
「いじでも肩を水平のまま右肩を引き上げる」と思ってやると上手くいきます。
頑張って肩を水平のままにしようとしていれば、左肩が右肩についていくように持ち上がります。

左肩が上がるタイミングが分かって来たら、自分でコントロールして左肩を引き上げると、もっと効率よく踏み切ることができます。
(慣れないうちから左肩を引き上げようとすると、タイミングが分からず混乱しやすいです。)





4)踏み切ったら、スノーボードを自分の下に引き込む
自分が前にとんでいる分、下半身が後ろ(テール側)に残りますので、自分の下にスノーボードを引き込みます。





5)膝を引き上げる
4)をしながら、膝を引き上げます。
上手く引き込めば膝は勝手に曲がってると思います。
高さを見せたいときは、意識して膝を曲げてください。



6)着地に合わせて足を伸ばす




7)膝で衝撃を吸収しながら着地




ポイント!
前に飛ぶ
前に飛ぶ意識がないと、滑りながらノーリーした時につんのめります。

肩の水平を保つようにがんばる
「いじでも肩を水平のままにする」という気持ちが大切です。
また、右肩だけが上がってしまうと滑りながらノーリーした時につんのめります。

スノーボードをしっかり引き込む

注意!
頭が下がらないようにする
普通のオーリーより頭が下がりやすい(下を向きやすい)ので気を付けてください。

右手は上げない
右手を上げると肩の水平が作りづらくなります。
体勢的にも厳しいです。


もっと詳しく

もうちょっと詳しく知りたいって人は、以下の解説を読んでください。

名称が統一されていない
スイッチでオーリーするときもノーズでオーリーしますが、そっちはスイッチオーリーと言います。

ちなみに、スイッチノーリーは、テールでノーリーします。
この辺りになってくるとワケわからなくなってきますが、滑っているときに後ろになっている足で踏み切るのがオーリー、前になっている足で踏み切るのがノーリーです。

しかし、スイッチノーリーなんて無い。フェイキーオーリーだ!(またはバックワードオーリーとか)と言う人もいます。

このような呼び方の違いは、スケートボードのトリック名をスノーボードに当てはめるか、スノーボードに合わせた呼び方をするかによって変わってくるようです。

ちなみに管理人としては、スケートボードとスノーボードでは条件が違うので、スケートボードのトリック名をスノーボードのトリック名にそのまま当てはめるには無理がある(分かりにくい)と思ってます。

どちらにせよ、スノーボードでは呼び方が統一されてないみたいなので、好きな方で呼べば良いと思います。
(スケートボードではちゃんと決まってるみたいです。)


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(基本・プレス編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-