スノーボードでグラトリ:スイッチノーズマニュアル | スノボーのスー

スイッチノーズマニュアル

スノーボードでのグラトリのやり方(基本編)。
今回のテーマはスイッチノーズマニュアルです。

スイッチスタンスでテールプレスしたまま、直ぐ滑るグラトリです。
(スイッチなので、テールをプレスして滑るのをノーズマニュアルとしています。)

やり方はメインスタンスのノーズマニュアルとまったく一緒です。
しかし、スイッチ独特の注意点があるので、そのあたりに重点を置いて説明します。

なお、スイッチ独特の注意点はピンクで記述します。

<スイッチノーズマニュアル>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

雪面が柔らかすぎると、やりづらいです。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
スイッチオーリー
スイッチノーリー
・止まった状態でのテールプレス

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
テールマニュアル

スイッチでの滑走技術にかなり左右されるので、スイッチランも練習しておいてください。

やり方

1)基本姿勢で真っ直ぐ滑る
どちらのエッジにも乗らないように、スノーボードを真っ直ぐにしておきます。
基本姿勢が崩れやすいので、スイッチスタンスの基本姿勢になることを意識して下さい。



2)軽くスイッチオーリーする




3)右足を自分の下に引きこむ
右足を自分の下にもってきます。
自分からテールの方に乗ろうとすると難しくなります。
また、頭が下がりやすいので、頭が下がらないように気をつけて下さい。
頭が下がるとプレスした後に、真っ直ぐ進みません。

右肩と骨盤が閉じやすいので、注意して下さい。
右肩と骨盤が閉じると、プレスした後に真っ直ぐ進まなかったり、バランスを崩したりする原因になります。




4)右足だけで体重を支える
テール側のソールの全体を使って支えるようにします。
どちらかのエッジに乗ってしまうと真っ直ぐ進みません。
真下を見ないように、進行方向を見るように意識すると真っ直ぐ進みやすいです。




5)そのまま滑る




6)スイッチノーリーする




7)スノーボードを自分の下に引き込む




8)スノーボードの真上に着地




ポイント!
自分の下にテール(右足)をもってくる
テールに体重を乗せようとすると、自分からテールにのっていく意識が強くなりやすいです。
しかし、自分からテール側に移動することよりも、自分の下に右足をもってくることの方が重要です。

自分がテールに乗ろうとする動きはちょっとで十分なんです。
上半身を下半身の動きに合わせるぐらいにすると丁度良いでしょう。

雪面が固い所でやる
スイッチノーズマニュアルは、雪面が柔らか過ぎるとテールがつまってしまい上手くできません。

両方のエッジにかかるようにする
どちらのエッジにも乗らないように上手く意識できない場合は、逆に両方のエッジにかかるように意識してみるとイメージしやすい場合があります。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(基本・プレス編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-