スノーボードでグラトリ:スイッチノーリー | スノボーのスー

スイッチノーリー

スノーボードでのグラトリのやり方(基本編)。
今回のテーマはスイッチノーリーです。

スイッチでのノーリーです。
やり方はメインスタンスのノーリーとまったく一緒です。
しかし、スイッチ独特の注意点があるので、そのあたりに重点を置いて説明します。

なお、スイッチ独特の注意点はピンクで記述します。
スイッチで飛ぶときの注意点も参考にしてください。

<スイッチノーリー>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
停止スイッチノーリー
オーリー(初級編)

オーリー(初級編)は直接的には関係ありませんが、滑りながら踏み切る感覚を覚えるのはオーリーを練習した方が早いですし、普通はオーリーから練習するので「ベーストリック」としました。

また、多少はスイッチで滑れるようになっておいてください。
スイッチランの能力が上がるほど、メイク率が上がります。

やり方

1)基本姿勢になる
基本姿勢が崩れやすいので、スイッチスタンスの基本姿勢になることを意識して下さい。
骨盤を右つま先が向いている方向と同じ方向に向けること、右肩を開くことを特に意識しましょう。



2)膝を曲げて姿勢を低くする
右足に体重がかかりやすいので、真ん中に乗るように意識して下さい。
骨盤が後ろを向いていたり右肩が閉じていると、より右足に体重がかかりやすくなるので注意してください。




3)肩の水平を保ったまま、左肩と左足を引き上げながら、前上方向(テール方向)に飛ぶように右足で踏み切る
停止スイッチノーリーで練習したように、肩の水平を保つように踏み切ります。
右肩が上がるタイミングをつかめていたら、自分でコントロールして左肩を引き上げても良いです。

オーリーと同じ踏み切り方なので、結構簡単にスノーボードをしならせることができます。
しかしオーリーの感覚だけでやると、前上方向へ飛ぶ量が足りなかったり、左肩だけが引き上がりやすいので気をつけてください。
これらをミスすると、つんのめりやすくなります。

また、踏み切るときに頭が下がりやすいので注意してください。
頭が下がったり、傾いてしまうとバランスを崩しやすくなります。

オーリーと同様に、右足の外側の側面で踏み切ると、より軽い力でスノーボードをしならせることができます。





4)踏み切ったら、スノーボードを自分の下に引き込む
自分が前に飛んでいる分、下半身が後ろに残りますので、自分の下にスノーボードを引き込みます。




5)膝を引き上げる
4)をしながら、膝を引き上げます。
上手く引き込めば膝は勝手に曲がってると思います。
高さを見せたいときは、意識して膝を曲げてください。
空中でも、しっかり意識しないと骨盤の向きが後ろを向いて右肩が閉じやすいので、注意してください。



6)着地に合わせて足を伸ばす




7)膝で衝撃を吸収しながら着地
右足に体重がかかりやすいので、体重が左足寄りになるように意識して着地します。
着地時も基本姿勢が崩れやすいので、骨盤の向きと右肩に注意しましょう。




ポイント!
前上方向に飛ぶ
前上方向に飛ぶ意識がないと、スイッチノーリーした時につんのめります。
特に、オーリーの感覚だけでやると前上方向に飛ぶ意識が足りなくなりやすいので、しっかり意識してください。

肩の水平を保つようにがんばる
「いじでも肩を水平のままにする」という気持ちが大切です。
左肩だけが上がってしまうと、つんのめります。
こちらも、オーリーの感覚だけでやると肩が傾きやすいので、しっかり意識してください。

スノーボードをしっかり引き込む

注意!
頭が下がらないようにする
スイッチオーリーより頭が下がりやすい(下を向きやすい)ので気を付けてください。
頭が下がるとつんのめりやすくなります。

左手は上げすぎない
左手を上げると肩の水平が作りづらくなります。
メインスタンスのオーリーとは、上半身が逆を向いてるので体勢的にも厳しくなります。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(基本・プレス編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-