スノーボードでグラトリ:停止ノーリー | スノボーのスー

ノーリー

スノーボードでのグラトリのやり方(基本編)。
今回のテーマはノーリーです。

止まった状態でのノーリーが出来るようになったら、滑りながらやってみましょう。

<ノーリー>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
停止ノーリー

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
スイッチオーリー

やり方

1)基本姿勢で直滑降する



2)しゃがむ
真下にしゃがみます。




3)肩の水平を保ったまま、右肩と右足を引き上げながら、前上方向(ノーズ方向)に飛ぶように左足で踏み切る
停止オーリーで練習したように、肩の水平を保つように踏み切ります。
左肩が上がるタイミングをつかめていたら、自分でコントロールして左肩を引き上げても良いです。

踏み切るときに頭が下がりやすいので注意してください。
頭が下がったり、傾いてしまうとバランスを崩しやすくなります。

オーリーと同様に、踏み切る足の外側の側面(左足の小指側の側面)で踏み切ると、より軽い力でスノーボードをしならせることができます。





4)踏み切ったら、スノーボードを自分の下に引き込む
自分が前にとんでいる分、下半身が後ろに残りますので、自分の下にスノーボードを引き込みます。




5)膝を引き上げる
4)をしながら、膝を引き上げます。
上手く引き込めば膝は勝手に曲がってると思います。
高さを見せたいときは、意識して膝を曲げてください。




6)着地に合わせて足を伸ばす




7)膝で衝撃を吸収しながら着地




ポイント!
前上方向に飛ぶ
前上方向に飛ぶ意識がないと、つんのめってしまいます。

肩の水平を保つようにがんばる
「いじでも肩を水平のままにする」という気持ちが大切です。
右肩だけが上がってしまうとつんのめります。

スノーボードをしっかり引き込む

注意!
頭が下がらないようにする
普通のオーリーより頭が下がりやすい(下を向きやすい)ので気を付けてください。
頭が下がるとつんのめりやすくなります。

右手は上げない
右手を上げると肩の水平が作りづらくなります。
体勢的にも厳しいです。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(基本・プレス編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-