スノーボードでグラトリ:スイッチオーリー | スノボーのスー

スイッチオーリー

スノーボードでのグラトリのやり方(基本編)。
今回のテーマはスイッチオーリーです。

止まった状態でのスイッチオーリーが出来るようになったら、滑りながらやってみましょう。

やり方はメインスタンスのオーリーとまったく一緒です。
しかし、スイッチ独特の注意点があるので、そのあたりに重点を置いて説明します。

なお、スイッチ独特の注意点はピンクで記述します。
スイッチで飛ぶときの注意点も参考にしてください。

<スイッチオーリー>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
停止スイッチオーリー

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
ノーリー

また、多少はスイッチで滑れるようになっておいてください。
スイッチランの能力が上がるほど、メイク率が上がります。

やり方

1)スイッチの基本姿勢で直滑降する
基本姿勢が崩れやすいので、スイッチスタンスの基本姿勢になることを意識して下さい。
骨盤を右つま先が向いている方向と同じ方向に向けること、右肩を開くことを特に意識しましょう。



2)膝を曲げて姿勢を低くする
はじめは、軽く曲げればOK。
基本姿勢のままでも十分なくらいです。
右足に体重がかかりやすいので、真ん中に乗るように意識して下さい。
骨盤が後ろを向いていたり右肩が閉じていると、より右足に体重がかかりやすくなるので注意してください。




3)右手、右肩を進行方向に引き上げる




4)3)をしながら、右足を曲げたまま、左足だけで踏み切る
滑りながらだと特に、右足で踏み切ろうとしてしまいやすいので、左足で踏み切ることをしっかり意識して下さい。
右膝が伸びないように耐えることも忘れずに。
右膝をしっかり曲げたままにするために、右足首と右膝に力を入れて固めておきます。
左足は左膝が伸ばしきるように、「クンッ!」っと一瞬で踏み切りましょう。




5)スノーボードが浮いたら、両膝を引き上げる
空中でも、しっかり意識しないと骨盤の向きが後ろを向いて右肩が閉じやすいので、注意してください。




6)着地に備えて両足を伸ばす




7)膝で着地の衝撃を吸収して着地
右足に体重がかかりやすいので、体重が左足寄りになるように意識して着地します。
着地時も姿勢が崩れやすいので、骨盤の向きと右肩に注意しましょう。




ポイント!
スイッチの基本姿勢をしっかり作る
滑りながらやってみると、止まった状態で練習したとき以上に基本姿勢が崩れやすいので注意してください。

右手・右肩、右足、左足の動かし方をしっかり意識する
体の動かし方も、止まった状態で練習したとき以上に混乱しやすいです。
なので、各部位の動かし方をしっかり意識して練習してください。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(基本・プレス編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-