スノーボードでグラトリ:F/Sテールスライド | スノボーのスー

フロントサイドテールスライド

スノーボードでのグラトリのやり方(基本編)。
今回のテーマはF/Sテールスライドです。

進行方向に対してスノーボードを横にして、自分の前側(フロントサイド側)の雪面をテールに乗ってスライドさせるグラトリです。

<フロントサイドテールスライド>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

雪面が柔らかすぎると、やりづらいです。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
オーリー
ノーリー
・止まった状態でのテールプレス

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
ノーリーF/S180(ヒール抜け)

やり方

1)軽くトゥエッジにのって右方向に向ける
左方向に進みやすいので、ちょっと右方向に向きます。
トリックのきっかけをつくる意味もあります。



2)軽くヒールエッジにのる



3)ヒールエッジで軽くノーリーする




4)右手、右肩を後ろに引き、左肩を閉じながら、右足を前に出す
スノーボードを横にするために、上半身を時計回りに、下半身を反時計回りに回して体をひねります。




5)右足を自分の下に引きこむ
4)をしながら、右足を自分の下にもってきます。
自分からテールの方に乗ろうとすると難しくなります。



6)うっすらとヒールエッジに乗った状態で、テールプレスする
テール側のヒールエッジにのうっすらと乗ります。
左足のつま先を上げることを意識すると引っかかりづらくなります。
もっとテール寄りに乗ってもオッケーです。



7)右手、右肩をしっかり引いて、左肩を右に向ける
こうすると、よりひねりやすくなります。
ひねる量は好みなので、やらなくても良いですし、もっともっとひねっても良いです。



8)うっすらとヒールエッジに乗ってスライドさせる



9)オーリーしながら、体のひねりを戻して行く





10)空中でひねりを解放して、元の体勢に戻る
スノーボードが真っ直ぐな状態で着地するようにします。




11)着地




ポイント!
右足を自分の下にもってくる
自分からテールに移動すると難しくなります。
右足を自分の下にもってくるようにしましょう。
実際には多少は自分からテール方向に動くのですが、ほとんど意識しなくてオッケーです。

右手と右肩をしっかり後ろに引く
右手右肩を後ろに引くことで、下半身を反時計回りにひねりやすくなります。
理由は、シフトの理論で説明してます。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(基本・プレス編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-