スノーボードでグラトリ:B/Sテールスライド | スノボーのスー

バックサイドテールスライド

スノーボードでのグラトリのやり方(基本編)。
今回のテーマはB/Sテールスライドです。

進行方向に対してスノーボードを横にして、自分の後ろ側(バックサイド側)の雪面をテールに乗ってスライドさせるグラトリです。

スライド系のトリックの中で一番窮屈な姿勢になるので、難易度は高めです。
バックサイドテールスライドフェイキーoutの方が簡単だと思います。

トゥ(つま先)とヒール(カカト)のどちらでも踏み切れますが、ここではトゥで踏み切るやり方を紹介します。

<バックサイドテールスライド>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

雪面が柔らかすぎると、やりずらいです。
進行方向に向かって左側が盛り上がっている地形でやると、ノーズの浮きを見せやすいです。

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
オーリー
ノーリー
・止まった状態でのテールプレス

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
ノーリーB/S180(トゥ抜け)
・ヒールで踏み切るやり方でやるなら、ノーリーB/S180(ヒール抜け)

やり方

1)軽くヒールエッジにのって左方向に向ける
トゥエッジで踏み切るため、右に向きやすいので、ちょっと左方向に振ります。
トリックのきっかけをつくる意味もあります。



2)うっすらとトゥエッジに切り換えながら軽くノーリーする
ヒール抜けの方が得意な場合は、ヒール抜けで踏み切ってもオッケーです。





3)左肩を後ろに引きながら、右手、右肩を前に押し出し、右足を進行方向に押し出す
スノーボードを横にするために、上半身を反時計回りに、下半身を時計回りに回して体をひねります。



4)右足を自分の下に引きこむ
3)をしながら、右足を自分の下にもってきます。
自分からテールの方に乗ろうとすると難しくなります。



5)うっすらとトゥエッジに乗った状態で、テールプレスする
右足のスネでブーツのタンを潰して、トゥエッジにのうっすらと乗ります。



6)もっと左肩を後ろに引きながら、右手、右肩を前に押し出し、左足を進行方向とは反対方向に押し出す
こうすると、よりひねりやすくなります。
ひねる量は好みなので、やらなくても良いですし、もっともっとひねっても良いです。
レギュラーの人の場合、左足が軸足なので右足を動かしてひねった方が楽なはずなんですが、ここでは窮屈な姿勢な上に右足でスライドしているので、左足を使って身体をひねった方がスムーズだと思います。



7)うっすらとトゥエッジに乗ってスライドさせる




8)オーリーする




9)空中でひねりを解放して、元の体勢に戻る




10)着地
多少、回っていることが多いので、身体を逆にひねってスノーボードを進行方向に向けます。




ポイント!
右足を自分の下にもってくる
自分からテールに移動すると難しくなります。
右足を自分の下にもってくるようにしましょう。
実際には多少は自分からテール方向に動くのですが、ほとんど意識しなくてオッケーです。

左肩をしっかり引き、右手、右肩をしっかり進行方向に押し出す
左肩をしっかり引き、右手右肩を後ろに引くことで、下半身を時計回りにひねりやすくなります。
理由は、シフトの理論で説明してます。
他のスライド系のトリックよりも窮屈な姿勢になるので、上半身をしっかりひねる必要があります。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(基本・プレス編) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-