スノーボードでグラトリ:スイッチF/Sノーズチップスピン540| スノボーのスー

スイッチF/Sノーズチップスピン540

今回のテーマはスイッチF/Sノーズチップスピン540です。

<スイッチF/Sノーズチップスピン540>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
スイッチF/Sノーズチップスピン360

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
スイッチノーリーF/S540(ヒール抜け)


やり方

1)スイッチスタンスでアプローチ
踏み切り地点と着地地点の間にある程度の高さの差があった方が楽なので、スピードは十分つけてください。



2)軽くトゥエッジに乗って少し左方向に進む。
踏み切り前に右方向に進むので、一度進行方向を左に向けます。
トリックのきっかけを作れるメリットも有ります。

このとき、右腕を左に回し、左腕を後ろに引いて、先行動作をするためのタメを作っておきます。





3)軽くヒールエッジに乗る。
進行方向が程よく左に向いたら、ヒールエッジに乗ります。
このとき、2)で作ったタメを残しておきます。

2)で作った上半身の姿勢のまま、下半身だけでヒールエッジに乗り換える感じです。
上半身が右に開いていってしまうと回転力をつけるのが難しくなるので注意してください。





4)回転方向に先行動作をしながら、上半身を前上方向にしっかりと引き上げ、右足で踏み切ってテールを支点にしてスノーボードを回していく。
右腕を右に開き、左腕を前に押し出して上半身を右方向に開きながら、上半身を前上方向にしっかり引き上げながら、右足で飛ばないように踏み切って行きます。
あわせて、テールの先っぽを支点にしてスノーボードを回していきます。

先行動作にためらいがあると回りきらないので、一気に540度スピンするつもりで先行動作をしてください。

また、上半身の引き上げが少なかったり、回転する支点が右足に近すぎたり、右足での踏み切り動作が素早すぎると、スノーボードが反発して浮いてしまうので注意してください。





5)左足を右上方向に引き上げ、スノーボードを回しながら、ノーズを高く引き上げて行く。
左足を右上方向に引き上げることで、回転を引っ張りながら、ノーズが高く上がったスタイルを作って行きます。
左足で回し蹴りをするようなイメージです。




6)左足を回転方向に回しながら、右足を後ろに引いていく。
180度以上回ったところから、右足を後ろ(背中側)に引き、テールのトゥエッジ側を雪面にスライドさせます。

この動きをすることで、テールが雪面に刺さることを防止しています。




7)引き続き、左足を回転方向に回しながら、右足を後ろに引いていく。
左足は回転方向に回していきノーズの向きを進行方向(谷側)へ、右足は後ろに引き続けてテールの向きを進行方向の反対方向(山側)へ向けて行きます。

チップスピンと呼んでいますが、実際にはチップを支点に回り続けるのでなく、チップは雪面をスライドしています。





8)身体を捻ってスノーボードを進行方向に向けて、ヒールエッジで着地。
上半身を左回り(反時計回り)下半身を右回り(時計回り)に回し、身体を捻ってスノーボードの向きを進行方向に向けていきます。
トリック中にも同じ方向に身体が捻られるので、見た目には分かりづらいですがちょうど良く着地出来るように調整しています。

回転力が強く残っているので、ヒールエッジで雪面をグリップしてしっかりと回転を抑えてください。







ポイント!
思い切って先行動作をする
テールが雪面に付いたままになりますが、スイッチノーリーF/S540と同じぐらいの回転スピードが必要です。
雪面に付いたままのため、回転力が足りないと引っかかり易いので、スイッチノーリーF/S540をするぐらいの気持ちで先行動作をしましょう。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編3) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-