スノーボードでグラトリ:F/Sピボット180| スノボーのスー

F/Sピボット180

今回のテーマはF/Sピボット180です。
トリックというほどのものではないですが、いろいろな場面で使えるテクニックです。

F/Sピボット180 to スイッチノーリーB/S180などのトリックのベースにもなるので覚えておいて損はないですよ。

<F/Sピボット180>
(ライダー:鈴木 卓郎

やり方

1)アプローチ
スピードはあまり必要ないです。
スピードが速すぎると極端に難しくなるトリックなので、スピードの出し過ぎに注意しましょう。



2)軽くトゥエッジに乗って少しだけ右方向に進む。
トリック後に左方向に進みやすいので、一度進行方向を右に向けます。
トリックのきっかけを作れるメリットも有ります。

このとき、左腕を右に回し、右腕を後ろに引いて先行動作をするためのタメを作っておくとより楽に回転力を作れます。
(ただし、ほんのちょっとで十分です。)




3)軽くヒールエッジに乗る
進行方向が程よく右に向いたら、ヒールエッジに乗ります。
このとき、2)で作ったタメを作ったままにしておきます。

2)でトゥエッジに乗った時の上半身の姿勢のまま、下半身だけでヒールエッジに乗り換える感じです。
上半身が左に開いていってしまうと回転力をつけるのが難しくなるので注意してください。




4)スピン方向に軽く先行動作をしながら、ノーズを支点にしてスノーボードを回していく
左腕を左に、右腕を前に出し、上半身を左方向に軽く開きながら、体重を左足のかかとの外側に乗せていき、そこを支点にしてスノーボードを回していきます。

左足のかかとの外側を支点にして、右足を前に踏み出す(左足を支点にして、大股で一歩前に歩く)ような形です。




5)上半身を右回りに、下半身を左回りに回してスノーボードの向きを進行方向に向けて行く
テールが浮いて来たら、上半身を右回り(時計回り)に、下半身を左回り(反時計回り)に回し、身体のひねりを使ってスノーボードの向きを進行方向に向けて行きます。

180度回りきるのではなく、少しスピンして、残りは身体のひねりでスノーボードの向きを調整します。




6)重心位置を両足の中心に戻していく
スノーボードが90度ぐらい回ったら、左足のかかとの外側に乗せていた体重を、身体に真ん中に戻して行きます。
4)での説明通り、一度左足に乗って大股で歩くようにして右足を一歩前踏み出し、真ん中に戻るイメージです。





7)ヒールエッジに雪面をとらえて着地
ヒールエッジで雪面をとらえて着地し、回転力を抑えるように踏ん張ります。




ポイント!
左足のかかとの外側を支点にして回る
ノーズ側のどこを支点にしても出来ますが、左足のかかとの外側を支点にすると楽にスピンでき、なおかつメリハリがあるスタイルが作れます。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編3) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-