スノーボードでグラトリ:F/Sピボット180 to スイッチノーリーB/S360| スノボーのスー

アンディ360

今回のテーマはアンディ360(F/Sピボット180 to スイッチノーリーB/S360)です。

<アンディ360>
(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
F/Sピボット180 to スイッチノーリーB/S180


やり方

1)アプローチ
回転力を付け易いトリックなのでスピードはあまり必要ありません。



2)軽くトゥエッジに乗って少しだけ右方向に進む。
初めのF/Sピボット180の時に左方向に進みやすいので、一度進行方向を右に向けます。




3)ヒールエッジに乗せ替えてF/Sピボット180をする。
ただし、F/Sピボット180の着地時に右足のかかと外側に体重を乗せることを狙ってください。
スノーボード全体をズラしてまわしても出来ますが、トリックのメリハリが無くなるので、しっかりテールを浮かしてピボットしましょう。

このF/Sピボット180での回転スピードが、この後のスイッチノーリーB/Sスピンの回転力に影響します。
そのため、スイッチノーリーB/S360が回りきれない場合は、ここのF/Sピボット180の回転スピードを速くするようにしましょう。






4)右足のかかとの外側に体重をかけるようにして着地。
通常のF/Sピボット180は両足間に体重を乗せて着地しますが、ここでは右足のかかとの外側に体重を乗せるようにして着地します。




5)上半身を左回りに回してスイッチノーリーB/S360のための先行動作をしながら右足のかかとの外側で踏み切る。
右足のかかとの外側のヒールエッジで雪面をしっかりとらえて、スノーボードが回らないように押さえたまま、左腕を左に開き、右腕を前に押し出して上半身を左回り(反時計回り)に回していきます。

ここの先行動作のスピードだけで360度分スピンし切ろうとすると、失敗の原因になります。
ピボット180で付けた回転力に、少し追加するぐらいのつもりで先行動作をするようにしてください。

あわせて、目線を後ろに向けていきます。
ただし、顔を立てて(目線が下がらないように)、頭(目線)を回転方向に回し過ぎないようにしてください。
必要以上に頭を動かすと回転軸がぶれて、回転力が減る原因になります。




7)スピンに身を任せる。
ここまでの動作にミスが無ければ十分な回転力がついているはずです。
そのため、踏み切り終わったら、しばらく(と言っても時間的には一瞬)回転に身をまかせます。

目線と身体で回転を引っ張るのではなく、目線と身体を回転についていかせる形です。
回転力がしっかり付いていれば、よけいな動作をしない方がスムーズにスピンして行きます。




8)身体を捻ってスノーボードを進行方向に向ける。
180度近くまで回ったら上半身を右回り(時計回り)下半身を左回り(反時計回り)に回し、身体を捻ってスノーボードの向きを進行方向に向けていきます。





8)ヒールエッジに乗って着地。
ヒールエッジでしっかり雪面をグリップして、回転力を抑えます。

かなりの回転力が残るはずなので、しっかり抑えてください。







ポイント!
最初のF/Sピボット180の回転スピードを速くする
F/Sピボット180の回転スピードがスイッチノーリーB/S360の回転力に繋がります。


スイッチノーリーB/S360の時の目線の動きに注意
かなりの回転スピードが必要のため、頭を回して回転力を付けようとしやすいです。
しかし、頭を動かすと回転力が落ちる原因になるので、目線が下がらないように、目線が回転方向に行き過ぎに無いように注意してください。

回転力が足りない場合は、F/Sピボット180の回転スピードを上げましょう。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編3) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-