スノーボードでグラトリ:F/Sピボット180 to スイッチノーリーB/S180| スノボーのスー

アンディ180

今回のテーマはアンディ(F/Sピボット180 to スイッチノーリーB/S180)です。

<アンディ180>
(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
F/Sピボット180

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
スイッチノーリーB/S180(ヒール抜け)


やり方

1)アプローチ
回転力を付け易いトリックなのでスピードはあまり必要ありません。



2)軽くトゥエッジに乗って少しだけ右方向に進む。
初めのF/Sピボット180の時に左方向に進みやすいので、一度進行方向を右に向けます。




3)ヒールエッジに乗せ替えてF/Sピボット180をする。
ただし、F/Sピボット180の着地時に右足のかかと外側に体重を乗せることを狙ってください。
スノーボード全体をズラしてまわしても出来ますが、トリックのメリハリが無くなるので、しっかりテールを浮かしてピボットしましょう。

スイッチノーリーB/S180が回りすぎてしまう人は、ここのF/Sピボット180の回転スピードが速すぎる可能性が高いです。
F/Sピボット180をゆっくり回すことで直せる場合があります。





4)右足のかかとの外側に体重をかけるようにして着地
通常のF/Sピボット180は両足間に体重を乗せて着地しますが、ここでは右足のかかとの外側に体重を乗せるようにして着地します。




5)上半身を左回りに回してスイッチノーリーB/S180のための先行動作をする。
右足のかかとの外側のヒールエッジで雪面をしっかりとらえて、スノーボードが回らないように押さえたまま、上半身を左回り(反時計回り)に回していきます。

ただし、最初のF/Sピボット180で十分な回転力は付いているはずなので、その回転力を殺さないように回していく程度でOKです。
(F/Sピボット180で作られた回転力を抑えるぐらいのイメージでも十分回れます。)

あわせて、目線を後ろに向けていきます。



6)右足のかかとの外側で踏み切ってスイッチノーリーB/S180。
自分から進行方向(背中側)の上方向に飛ぶように踏み切ります。

上半身だけを飛ばそうとすると普通に背中側に倒れてしまうので、注意が必要です。
身体全体、特に腰を後ろ上方向に飛ばすようにしてください。

着地点の上に飛び乗るようなイメージです。





7)身体を捻ってスノーボードを進行方向に向ける。
空中に出たら、上半身を右回り(時計回り)下半身を左回り(反時計回り)に回し、身体を捻ってスノーボードの向きを進行方向に向けていきます。




8)軽くトゥエッジに乗って着地。
トゥエッジでしっかり雪面をグリップして、回転力を抑えます。

慣れないうちは、予想以上の回転力が残ることが多いので、しっかり抑えてください。






ポイント!
回転軸はかかとの外側
F/Sピボット180もスイッチノーリーB/S180も、それぞれ踏み切り足のかかとの外側を支点にして回転することで、楽にスピンでき、メリハリをつけたスタイルを作ることができます。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編3) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-