スノーボードでグラトリ:SWノーリーF3 レイト| スノボーのスー

スイッチノーリーF/S360 レイト

スノーボードでのグラトリのやり方(スピン編)。
今回のテーマはスイッチノーリーF/S360レイトです。

スイッチノーリーF/S360中に一瞬止まっているように、またスピンが遅れているように見えるトリックです。
遅れてスピンするように見えるので「レイト」と言われたりします。

ここでは斜度がほとんどないところで低速でやっているので、止まっているように見える時間は短いですが、落差がある所などの滞空時間を稼げるところでやると、止まっているように見える時間も長く出来ます。

<スイッチノーリーF/S360レイト>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
スイッチノーリーF/S360
F/Sシフティの動作

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
B/S180レイト

やり方

1)通常のスイッチノーリーF/S360と同じようにアプローチ
右方向に飛びやすいので、一度左に振り、踏み切るためにヒールエッジに乗って行きます。





2)通常のスイッチノーリーF/S360と同じように踏み切る
この後に回転力は付けづらいので、この踏み切り時に瞬間的に先行動作してしっかり回転力を付けて下さい。





3)ノーズが浮いて来たらスノーボードは回さないように、上半身の回転を先行させる
スノーボードが回って行かないようにしながら、右肩右腰を引いて行き右脇の下から目線を回して行きます。
F/Sシフティをしていく状態です。
高さを出すように右足でしっかり踏み切ってください。




4)空中に出ても引き続き、上半身の回転を先行させて行く
左肩を閉じ、右肩を引きながら、右脇の下から後ろを覗き、右足をまえに押し出し、スノーボードが回らないようにします。
また、着地点までの高さも確認しておきます。
滞空時間が長いほど、ここでの身体をひねる量を増やせるので、よりレイトに見えます。




5)反対方向に身体をひねり、スノーボードを着地に合わせて行く
ぎりぎりまでスノーボードを回さないように耐えたら、一気に逆方向に身体をひねりスノーボードを合わせます。
合わせる時間が短いだけで、基本的には普通のスイッチノーリーF/S360の着地と同じです。





6)身体がひねられた状態でトゥエッジで着地
できるだけレイトにみせようとすると、スピン量が少なくなります。
そのため、トゥエッジ寄りで着地した方がエッジが引っかからず、耐えやすいです。
また、かなりねじれた姿勢で着地することになるので、油断せずに着地して下さい。





鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編2) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-