スノーボードでグラトリ:テールマニュアル to F1| スノボーのスー

テールマニュアル to F/S180

スノーボードでのグラトリのやり方(応用編)。
今回のテーマはテールマニュアルtoF/S180です。

<テールマニュアルtoF/S180>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
テールマニュアル
F/S180(ヒール抜け)
ノーリーF/S180(ヒール抜け)

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
・B/Sシフティの動きをつかうトリック
F/S180レイト

やり方

1)軽くノーリーF/Sスピンするようにアプローチ
ノーリーF/S側に30度ぐらい回るようにイメージてアプローチします。





2)スノーボードはあまり回さないように意識しながら、ノーリーでF/S30する
F/Sに30度ぐらい回るのを狙ってノーリーします。
普通に踏み切るとスノーボードも一緒に回り始めてしまうので、スノーボードを真っ直ぐに保ったまま上半身の先行を多めにしながら踏み切ってください。
スノーボードを真っ直ぐにしたまま、上半身の先行はF/Sに90度ぐらい回るようにするとちょうど良いぐらいだと思います。
高さはそんなに必要無いので、踏み切る力は軽くでOKです。




3)テールプレスするために、右足を自分の下に引き込む
スノーボードが回らないように、左肩を開きながら、右足を後ろに引きつつ( B/Sシフティして)右足を引き込みます。




4)スノーボードを真っ直ぐにしたまま右足で着地
左肩を開き続けながら、スノーボードを真っ直ぐに保つようにします。
上半身を多めに開いて行くことで身体がねじれ、実際には回転していてもスノーボードが回らないように抑えています。



5)テールマニュアル中も、左肩を開き続けていく
スノーボードを真っ直ぐに保つために徐々に上半身を開き続けます。

6)左肩を開き、右肩を前に出して先行しながら、右足だけで踏み切る
これ以上粘ったらスノーボードが回り始めちゃうところまできたら、踏み切ります。
上半身の引き上げがあまり使えないので、右足でしっかり踏み切って高さを出すようにしてください。
身体が遅れを戻すために、通常のB/S180以上に進行方向に飛ぶようにします。





7)テールマニュアル中の身体のねじれを解放する
踏み切ったらすぐに身体のねじれを戻します。




8)反対方向に身体をねじって着地にスノーボードを合わせる
テールマニュアル中の身体のねじれと反対方向にひねってスノーボードを合わせます。
合わせ方は普通のF/S180と同じです。




9)身体がねじれた状態で着地




鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編2) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-