スノーボードでグラトリ:テールマニュアル to B1| スノボーのスー

テールマニュアル to B/S180

スノーボードでのグラトリのやり方(応用編)。
今回のテーマはテールマニュアルtoB/S180です。

テールマニュアルからB/S180しているように見えますが、実際には初めからB/Sスピンしていて、シフトを使ってテールマニュアルに見せています。

<テールマニュアルtoB/S180>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
テールマニュアル
B/S180
ノーリーB/S180(トゥ抜け)

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
・F/Sシフティの動きをつかうトリック
B/S180レイト

やり方

1)軽くノーリーB/Sスピンするようにアプローチ
ノーリーB/S側に30度ぐらい回るようにイメージてアプローチします。
トゥ抜けでもヒール抜けでも良いですが、トゥ抜けの方がやりやすいと思います。




2)スノーボードを真っ直ぐにしたまま、ノーリーでB/S30する
普通に踏み切るとスノーボードも一緒に回り始めてしまうので、スノーボードを真っ直ぐに保ったまま上半身の先行を多めにしながら踏み切ります。
言い換えるとF/Sシフティをしながら踏み切っています。

スノーボードを真っ直ぐにしたまま、上半身の先行はB/Sに90度ぐらい回るようにするとちょうど良いぐらいだと思います。
高さはそんなに必要無いので、踏み切る力は軽くでOKです。




3)テールプレスするために、右足を自分の下に引き込む
しっかりテールに乗るために、右足より外側(テール)を引き込んでも良いです。



4)スノーボードを真っ直ぐにしたまま右足で着地
右肩をうしろに引きながら、目線を後ろにまわして行きます。
こうすることで身体がねじれ、スノーボードを真っ直ぐに保つことが出来ます。



5)テールマニュアル中も、右肩をうしろに引きながら目線を後ろにまわして行く
スピンスピードに合わせて、上半身を後ろに回していき、スノーボードを真っ直ぐに保ち続けます。




6)右肩と右腰を後ろに引きながら、右足だけで踏み切る
これ以上粘ったらスノーボードが回り始めちゃうところまできたら、踏み切ります。
上半身の引き上げがあまり使えないので、右足でしっかり踏み切って高さを出すようにしてください。

この時点ですでに90度分ぐらい回っているので、右肩と右腰の先行動作は軽くで大丈夫です。
身体の遅れを戻すために、通常のB/S180以上に進行方向に飛ぶようにします。




7)テールマニュアル中の身体のねじれを解放する
踏み切ったらすぐに身体のねじれを戻します。



8)反対方向に身体をねじって着地にスノーボードを合わせる
テールマニュアル中の身体のねじれと反対方向にひねってスノーボードを合わせます。
合わせ方は普通のB/S180と同じです。





9)身体がねじれた状態で着地





鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編2) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-