スノーボードでグラトリ:SF270 to TS 270out| スノボーのスー

スイッチF/S270 to テールスライド 270out

スノーボードでのグラトリのやり方(応用編)。
今回のテーマはスイッチF/S270toテールスライド270outです。

スイッチF/S270からテールスライドにつないで、270outするトリックです。

<スイッチF/S270 to テールスライド 270out>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
スイッチF/S180toテールプレスtoB/S180
B/Sテールスライド270out

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
Cab360(ヒール抜け)

やり方

1)少し左に振ってから、ヒール抜けのCabスピンするためにヒールエッジに乗りながら低い姿勢になって行く
スイッチF/S270回るので、HalfCabより多めに振ります。
スイッチF/S360が出来る場合には、それよりも少なめにスピンすることをイメージしてアプローチすると良いです。




2)左足に体重を残すようにして、踏み切る
右肩を後ろに引くようにして開き、右脇の下から後ろを見るようにして先行動作しながら、少し体を遅らせながら踏み切ります。
普通は、スピン軸は真ん中(両足の間の真ん中)になるようにイメージしますが、ここではスピン軸を左足の上に残したままにします。





3)テールスライドするために、右足を自分の下に引き込む
左足と右足を入れ替えるようなイメージです。
まだ、右肩を後ろに引きながら、右脇の下から後ろを見て行きます。
写真では右脇の下から見てないように見えますが、右肩を後ろに引き続けてるので、まだ目線が追いついてないだけで、見る意識はし続けます。




4)うっすらとトゥエッジに乗った状態で、右足だけで着地
エッジが引っかからないように、うっすらとトゥエッジで着地します。
トゥに乗りすぎると減速しすぎるので、スライドさせることをイメージしながら優しく着地します。

かっこ良く見せるには、できるだけ減速させないってことがポイントだと思います。
まだ、右脇の下から後ろ(進行方向)を見ていくようにしてスピンして行きます。




5)テールスライドしたまま、右肩と右腰を後ろに引き、右脇の下から進行方向を覗き込む
スノーボードは横にしたまま、右肩と右腰を進行方向に開くように後ろに引いて行きます。
目線は右脇の下から、進行方向を見るように回していきます。
実際にはスピンし続けているのですが、上半身をスピンスピードより早く回して行くことで身体がねじれ、スノーボードがのスピンは止まったように見えています。






6)進行方向にしっかり上半身が開いて来たら、そこ一気に右肩と右腰を開きながら右足のトゥエッジで踏み切る
ここからは、B/Sテールスライド270outの270outの部分と同じです。
トゥエッジに乗っているため、身体が遅れているので、遅れを戻すように意識的に前方向に飛びます。




7)テールスライド中に作った身体のねじれを解放する
踏み切ったらすぐに身体のねじれをもとに戻していきます。




8)逆方向に身体をひねって着地にスノーボードを合わせる
左肩を後ろに引きながら右肩を閉じ、左足を前に出して、テールスライド中のねじれと逆方向に身体をひねり、スノーボードを合わせます。
6)の踏み切り直後から、一気にこの体勢にもっていくようにするとスムーズです。




9)身体がひねられた状態で着地
写真では身体の遅れを戻しきれず、テール着地になってしまっていますが、ちゃんとフラットで着地した方が良いです。





鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編2) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-