スノーボードでグラトリ:SF1 BS シフティ TT | スノボーのスー

HalfCab B/Sシフティ テールタップ

スノーボードでのグラトリのやり方(応用編)。
今回のテーマはHalfCab B/Sシフティ テールタップです。

HalfCab(スイッチF/S180)中にテールタップするのですが、B/Sシフティを入れているので、一度180以上回ってから戻る動きに見えます。

<HalfCab B/Sシフティ テールタップ>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
HalfCab(ヒール抜け)
オーリーB/Sシフティテールタップ

やり方

1)普通のHalfCab(ヒール抜け)と同じようにアプローチ
HalfCabするために、軽くトゥエッジに乗って左に振ります。
いつもより多めにスピン(180〜200度くらい)するのですが、いつもと同じアプローチで十分です。



2)ヒールエッジに軽く乗りながら、踏み切るためにしゃがんで行く
この時点でいつもより多めにスピンする準備をしていても良いですが、ほとんどいつものHalfCabと一緒です。




3)通常のHalfCabよりも多めにスピンするように、踏み切る
通常のHalfCabなら150度ぐらいスピンして、足りない分を身体のひねりで合わせますが、このグラトリではスピンしすぎてから戻るように見せた方がカッコいいので、わざと回りすぎます。
180〜200度ぐらいスピンするイメージを持ちます。





4)踏み切ったら、すかさずB/Sシフティテールタップの姿勢へ
ただし、しっかりとスピン力がついていることを確認してから、テールタップに移行して下さい。
あせると回りきらなくなります。
踏みきったら、左肩を後ろに引きながら右肩を前に出し、右足をおしりの後ろ辺りに引き、左膝を胸に引き寄せるようにしながら、左足を右上方向に引き上げます。





5)スノーボードが180度ぐらい回ったら、右足を背中側に伸ばしてテールタップ
引き続き、左肩を引き、右肩を前に出し、左足を右上に引き上げながら、右足を背中方向に伸ばしてテールタップします。




6)身体のひねりを戻しながら、スノーボードをランディングに合わせて行く
テールタップしている時間は一瞬です。




7)テールタップしたときと逆方向に身体をひねりながら、スノーボードを進行方向に向ける
180度ピッタリかそれ以上回っているので、身体をひねってスノーボードを進行方向に向けます。
通常のHalfCabとは逆にひねって合わせることになります。
左肩を閉じ、右肩を後ろに引き、右足を前に出して身体をひねります。



8)身体がひねられた状態で着地




鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編2) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-