スノーボードでグラトリ:SB1 to TP to F3| スノボーのスー

スイッチB/S180 to テールプレス to F/S360

スノーボードでのグラトリのやり方(応用編)。
今回のテーマはスイッチB/S180toテールプレスtoF/S360です。

スイッチB/S180からテールプレスにつないで、F/S360するトリックです。

<スイッチB/S180 to テールプレス to F/S360>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
スイッチB/S180toテールプレスtoF/S180

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
F/S360 (ヒール抜け)

やり方

1)スイッチB/S180と同じようにアプローチ
スイッチB/S180と同じように、少し右に振ってから、トゥエッジに乗りながら踏み切るために低い姿勢になっていきます。





2)左足に体重を残すようにして、スイッチB/S180
ほんの少しだけ、体を遅らせてスイッチB/S180します。
普通のスイッチB/S180は、スピン軸は真ん中(両足の間の真ん中)になるようにイメージしますが、ここではスピン軸を左足の上に残したままにします。




3)テールプレスするために、右足を自分の下に引き込む
しっかりテールに乗るために、右足より外側(テール)を引き込んでも良いです。





4)身体をひねってスノーボードを進行方向に真っ直ぐにしながら、右足だけで着地
左肩を前に出し、右肩を後ろに引きながら、右足を前に出して身体をひねってスノーボードを進行方向に真っ直ぐにして着地します。
下半身は左足を軸にして動かした方が簡単なので、右足を操作して身体をひねっています。
B/S180toノーズプレスtoスイッチF/S360と同様に左足を後ろに引く動きを重視してもOKです。

エッジが引っかからないように、うっすらとトゥエッジで着地します。
また、トゥエッジで着地することで、スノーボードが必要以上に回って行ってしまうことを防ぎます。



5)テールプレスしたまま、左肩と左腰を進行方向に開いて行く
スノーボードは回らないように進行方向に平行にしたまま、左肩と左腰を進行方向に開い行きます。
目線は、進行方向を見るように回していきましょう。
同時に、エッジが引っかからないように、うっすらとヒールエッジに乗って行きます。




6)引き続き、左肩と左腰を開いていく
180outでは、この辺で踏み切りますが、今回は360outなのでもう少し上半身を開いて行きます。
スノーボードはすこしぐらい回っちゃってもOKです。
ヒールエッジに乗りすぎると減速しすぎてしまうので、うっすら乗ってスライドさせるイメージをもちましょう。




7)左肩と左腰を後ろに引くように開きながら、右足だけでオーリーしてF/S360(ヒール抜け)する
スライドしながら上半身を回して行き、自信を持ってスノーボードを返せるところまで回ったらそこからF/S360します。
慣れるまでは、180ぐらいはノーズでスライドしながら回ってしまってもいいと思います。

自信がついて来たら、徐々にスライドしながら回る量を減らして行きましょう。
ほとんど右足だけでオーリーするため高さが出づらいので、しっかりと瞬間的に踏み切って高さをだすことを意識してください。




8)普通のF/S360以上に進行方向に飛ぶ
後ろ足に体重が乗っている状態からのF/S360なので、普通のF/S360よりも体が遅れやすいです。
体の遅れをもとにもどすために、普通のF/S360以上に進行方向に飛ぶ意識をしましょう。





9)上半身と下半身のひねりを使ってスノーボードを合わせる
普通のF/S360と同じように身体のひねりを使ってスノーボードを着地に合わせます。





10)膝で衝撃を吸収しながらトゥエッジ寄りで着地
結構回転力が残っていると思うので、トゥエッジで雪面をしっかり捉えてスノーボードがずれないように耐えます。
フラットか、ヒールエッジ寄りの着地だと回転力を抑えづらいです。




鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編2) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-