スノーボードでグラトリ:F/S180 レイト| スノボーのスー

F/S180 レイト

スノーボードでのグラトリのやり方(応用編)。
今回のテーマはF/S180レイトです。

前半はあまり回らずに後半に一気に回るようにみえるF/S180です。
滞空時間がでる落差がある場所などの滞空時間が稼げる場所でやると、よりレイトらしく見えます。

<F/S180レイト>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
F/S180(ヒール抜け)
B/Sシフティの動作

やり方

1)F/S180と同じようにアプローチ
通常のF/S180と同じように、軽く右に振ります。



2)通常のF/S180よりも多めにスピンするつもりで、ヒールエッジに乗って行く
踏み切り時に回転力がつけづらいので、この時点でF/S180よりも多めにスピンするつもりでヒールエッジに乗って行きます。





3)普通のF/S180よりも多く左肩左腰を開き、右肩を前に出しながら、左足を右前方向に伸ばすようにしながら、ヒールエッジでしっかりと踏み切ります
普通のF/S180以上に左肩と左腰を開いて行きながら左方向へしっかりとまわします。
また右肩を前に出すことを意識することで、より強く上半身の先行動作ができます。

そのうえで、左足は右前方向に伸ばして踏み切ることで、スノーボードを真っ直ぐにしたまま回転力を付けることができます。
B/SシフティをしながらF/S180の踏み切りをしている状態です。
身体をひねりながら踏み切るため、回転力が付けづらいので、2)で多めに先行しています。





4)引き続き、左肩を後ろに引くようにしながら開き、右肩を閉じるようにして反時計回りにまわしながら、右足を後ろに引いていき、スノーボードが回って行かないようにする
空中にでたらスピンして行きますが、スノーボードは回らないように身体をひねっていきます。
滞空時間が稼げる場合は、この状態を長くすることで、よりレイトにみせれます。




5)ギリギリまでスノーボードが回るのを抑えたら、4)と反対方向にひねり始める
これ以上、4)の状態を続けたらスノーボードが返せないところまできたら、一気に反対方向に身体をひねって行きます。




6)身体をねじって着地にスノーボードを合わせる
合わせ方は普通のF/S180と同じです。




7)身体がねじれた状態で着地
しっかりとレイトにみせるようにするとスピンが少なくなるので、かなり身体をひねって着地することになります。
(少なめのスピンの方が、4)の状態でスノーボードが回って行かないように見せやすくなります。)



鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編2) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-