スノーボードでグラトリ:B/STPtoswTMtoSF1 | スノボーのスー

B/SテールプレスtoSWテールマニュアルtoSWF/S180

スノーボードでのグラトリのやり方(応用編)。
今回のテーマはB/SテールプレスtoスイッチテールマニュアルtoスイッチF/S180です。

<B/SテールプレスtoスイッチテールマニュアルtoスイッチF/S180>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
B/Sテールスライドフェイキーout
HalfCab(ヒール抜け)

【出来ると役立つトリック】
以下のトリックをマスターしておくと、このトリックを覚えるのに役立ちます。
B/S180toノーズプレスtoスイッチF/S180
スイッチテールマニュアル

スイッチテールマニュアルが途中で入りますが、単発のスイッチテールマニュアルとは結構違うので、重要度は低いです。

やり方

1)軽くトゥエッジに乗って進行方向を左に振ってから、ノーリーB/Sスピン(トゥ抜け)をするために、うっすらとトゥエッジに乗っていく



2)軽くB/Sスピンするつもりで、トゥエッジでノーリー
左手・左肩を閉じ、右手・右肩を後ろに引きながら、目線を後ろに送って、回転方向に上半身を先行しながらノーリーします。
ここでしっかりノーリーして高さを出した方がかっこ良く見えます。
あまりノーリーしなくてもできますが、なにをしてるか分かりづらくなるので、かっこ良さが半減してしまいます。




3)空中に出たら、右足を自分の下に引き込んでくる
自分からテールに乗りに行くのではなく、右足を自分の下に引き込むようにしてください。
2)に続き、上半身は回転方向に先行させていきます。(左手・左肩を閉じ、右手・右肩を後ろに引き、目線を後ろに回していく)




4)右足にしっかり体重をかけて、テールプレス
ヒールエッジが引っかからないように、トゥエッジ寄りのテールでプレスします。
写真では、右足の外側に体重をかけるようにしています。
(そのため3)の時に、右足の外側が自分の下に来るように引き込んでいます。)
上半身と目線は3)に引き続き回転方向に先行させて行きます。



5)引き続き、左手・左肩を閉じ、右手・右肩を後ろに引き、目線を回転方向に先行しながらオーリーする
上半身と目線を回転方向に先行しながら右足で踏み切ります(オーリーします)。




6)空中に出たら、左足を自分の下に引き込む
ここでも自分からノーズに乗りにいくよりも、左足を自分の下に引き込むことを重視してください。




7)左足にしっかり体重をかけてスイッチテールマニュアル
写真では左足の外側に体重をかけるようにしています。(6)で左足の外側を自分の下に引き込んでいる)
引き続き、左手・左肩は後ろに引き、右手・右肩を前に出し、目線を後ろに回して、上半身と目線を回転方向に先行させていきます。



8)テールマニュアルしたまま、目線と上半身をスピン方向に回していく
スノーボードは進行方向に向けたまま(できるだけ回さないようにしながら)、上半身と目線だけを進行方向に開いていきます。




9)程よいタイミングで、スイッチF/S180をする
8)に続き、目線と上半身を回転方向に回していきながらタイミングを見計らいます。
「ここからなら回りきれる!」というタイミングになったら、スイッチF/S180をします。
回転力が付いている状態から踏み切ることになるので、通常のスイッチF/S180よりも簡単に回りきれます。

通常のスイッチF/S180と違い、体が遅れている状態から飛ぶことになるので、遅れている分を取り戻すように、しっかり進行方向に飛ぶようにします。
また、ほとんど左足だけの踏み切りで飛ぶことになるので、高さを出すようにしっかり左足で踏み切ってください。




10)通常のスイッチF/S180と同じように体をひねって着地に合わせる
あとは通常のスイッチF/S180の着地と一緒です。




11)膝で衝撃を吸収しながら、着地



ポイント!
テンポよくつなげる
全体の動きをテンポよく動いた方がかっこ良く見えます。
特に、B/Sテールプレスからスイッチテールマニュアルにつなげる動きは、時間をかけると中途半端なトリックに見えやすいので注意して下さい。


鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編2) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-