スノーボードでグラトリ:B/SシフティTT | スノボーのスー

オーリーB/Sシフティノーズタップ

スノーボードでのグラトリのやり方(応用編)。
今回のテーマはオーリーB/Sシフティノーズタップです。

オーリーして、空中にいる間にB/Sにシフトしながらノーズを雪面に当て込むグラトリです。

<オーリーB/Sシフティノーズタップ>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
オーリー
F/Sノーズスライド

特にオーリーの高さが必要です。

やり方

1)オーリーするために低い姿勢になる




2)しっかりオーリーしながら、上半身を反時計回り、下半身を時計回りに回し始める(B/Sにシフトする)
滞空時間が短いと出来ないトリックなので、しっかり高さを出すようにオーリーします。
上半身は、右手・右肩を前下方向に出しながら、左手・左肩を後ろ上方向に引いていきます。
(左肩が上がって、右肩が下がるような形で、肩がナナメになるように回します。)

下半身は、右足を後ろに引くように(進行方向に押し出すように)します。
スタイルを作るのに時間がかかるトリックなので、オーリーしながらシフトしにいっています。





3)空中に出たら、もっとB/Sにシフトしていきながら、右膝を曲げ、右足を後ろ上方向に引き上げ、左足を右に回しながら引きながら自分の下に引き込む
上半身は2)に続き、右手・右肩を前下方向に押し出し、左手左肩を後ろ上方向に引き上げながら回します。
オーリー直後なので、ノーズが高く、テールが低い状態になっています。
これをノーズタップするために、ノーズを低く、テールを高くする必要があります。

そのために、右膝を曲げながら右足を後ろ上方向に引き上げ、左足を伸ばしながら&少し右に(時計回りに)回しながら、自分の下に引き込んでいきます。
自分からノーズに乗りにいこうとするとバランスを崩し易くなるので、左足を自分の下にしっかり引き込むことを重視してください。
ここの動きに時間がかかります。

素早く動けないとメイクできないので、スノーボードを付けないで体の動きを練習しておくと、トリックを覚えやすいと思います。





4)左足を伸ばして、ノーズタップする
引っかからないように、ノーズのトゥエッジ寄りをタップするようにしてください。
ヒールエッジ寄りをタップしてしまうと引っかかっりやすいです。



5)すぐに左膝を曲げて、体のひねりを戻していく
ノーズを雪面に当てるのは一瞬です。





6)スノーボードを進行方向に真っ直ぐに&フラットにして着地に備える




7)膝で衝撃を吸収して着地



ポイント!
上半身の動きが最重要!
下半身の動きを考えすぎて、上半身の動きがおろそかになりやすいです。
しかし、上半身の動きがおろそかになると下半身も動けなくなります。
このトリックは特に上半身の動きがポイントとなるので、上半身の動きを思いっきりやるように意識して下さい。



鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編2) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-