スノーボードでグラトリ:B/S180 シャッフル| スノボーのスー

B/S180 シャッフル

スノーボードでのグラトリのやり方(応用編)。
今回のテーマはB/S180シャッフルです。

通常シャッフルというと、空中で2回シフトを入れるのですが、グラトリなので踏み切り時に1回シフトしています。
雪面が固いとやりづらいので、初めは雪面が柔らかいときやると覚えやすいです。

<B/S180シャッフル>

(ライダー:鈴木 卓郎

準備

【ベーストリック】
このトリックを覚えるには、以下のトリックをマスターしておく必要があります。
B/S180
F/Sシフティの動作
B/Sシフティの動作

やり方

1)B/S180と同じようにアプローチ
通常のB/S180と同じように、軽く左に振ります。




2)通常のB/S180よりも多めにスピンするつもりで、トゥエッジに乗って行く
踏み切り時に回転力がつけづらいので、この時点でB/S180よりも多めにスピンするつもりでトゥエッジに乗って行きます。




3)小さくB/Sターンするように、左肩を閉じながら、一瞬左足のトゥエッジにしっかり乗る
回転力を付けるためと、B/Sシフティをするためのきっかけを作るために、一瞬だけ左足のトゥエッジに強めに乗ります。



4)すかさず、右足を背中方向に伸ばしながら、左肩を後ろ引き、右肩を閉じていく
うっすらとトゥエッジに乗って、スノーボードをスライドさせながら、身体をひねりながら右足を背中方向に伸ばしていきます。
目線は通常のB/S180と同じように後ろに送っていきます。



5)引き続き、左肩を後ろ引き右肩を閉じながら、右足を背中方向に伸ばしながら、右足のトゥエッジでオーリー
オーリーしながらテールがズレて行くので、かなり雪面抵抗を感じますが、負けずに背中方向に右足を伸ばしながらオーリーします。
テールで身体を浮かせながら背中側にスライドさせる感じです。

オーリーと右足を伸ばすタイミングが合えば、身体が浮きながらズレて行くので、あまり減速せずにスムーズにスライドします。
(雪面が固いときはテールをスムーズにスライドさせることが難しくなります。)





6)踏み切り終わる瞬間に、右腰を後ろ引き、スピンの先行動作をする
色々とひねられていて回転力が付きづらいので、右腰でしっかりと先行して下さい。
あわせて、右脇の下から後ろを見るように目線の先行もします。



7)踏み切り終わったら、左肩を前にだし、右肩を後ろに引き、右足を前にだして5)とは逆方向に身体をひねっていく
滞空時間が稼げる場所では、この逆方向のひねりをする時間が長く取れるので、よりシャッフルらしく見せられます。





8)ギリギリまで7)の状態を続けたら、7)と反対方向にひねって着地にスノーボードを合わせる
これ以上、7)の状態を続けたらスノーボードが返せないところまできたら、一気に反対方向に身体をひねって行きます。
合わせ方は普通のB/S180と同じです。




9)身体がねじれた状態で着地




鈴木 卓郎 TAKURO SUZUKI



【コメント】
Facebookやってます。
お気軽に友達申請してください♪
https://www.facebook.com/takuroszk








>スノーボードでグラトリ(応用編2) -INDEX-
>>スノーボードでグラトリ -INDEX-
>>>スノボーのスー -TOP-